新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ロボロフスキーハムスターの皮膚腫瘍(線維腺腫)の外科手術
 7か月齢のハムスターの皮膚の腫瘍が大きくなったと
来院されました。
 腫瘍は、お腹の皮膚に出来ており、かなり大きくなっていました。

 飼主さんには、まだ7か月齢と若いこと、
このまま、経過を診ていても小さくなるより、大きくなる
可能性の方が高いことをお伝えし、手術のお話をしました。

 飼主さんも、安全に手術が行えるならと
手術を希望されました。

 ハムスター 線維腺腫 術前1

 手術は、吸入麻酔を利用し、行います。

 ハムスター 線維腺腫 術後

 手術は、可能な限り麻酔時間を少なくするため、
専門の麻酔医が付き、手術も電気メス、半導体レーザーを使用し
短時間で終了しました。
 
 手術後、約3分くらいで覚醒しました。
当日にはきたくとなりました。
抜糸は、約7日後に行いました。

 線維腺腫とは、乳腺に発症する良性の腫瘍です。
ハムスターでの発生は少なく、良性の腫瘍のため、
早期の外科切除で完治が可能です。

 イヌやネコと異なり、早期の避妊による
予防などは分かっていません。

 現在、ハムスターの腫瘍は、外科的に切除が可能になり
出血などの危険性も電気メス、半導体レーザー、超音波メスなどを使用する
事により、かなり、大きな腫瘍も切除が可能になりました。

 当院でも、手術機器を駆使し、出血、麻酔の管理が可能になり、
手術を希望される方が増えています。
 一番の問題は、麻酔管理です。
イヌ、フェレットなどと異なり、げっ歯類の麻酔は挿管による
弊害の方が多く、挿管を行わないことが多くなっています。
 
 麻酔に関しては、術前に担当医から
飼主さんが納得するまで、お話をさせていただいております。

 手術中も、飼主さんには、手術が終わるまで
病院内でお待ちいただいております。

 今回の手術で、再発もなく、転移も無かったので
飼主さんは、とても喜ばれて、一緒に帰宅されました。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.