新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫のPEGチューブ(胃チューブ)
 ご案内:本ブログには、医学的な説明をするため、
      画像に加工をしておりません。


 ペットの食欲が無い時、どのようにして
栄養を与えるのでしょうか?

 お口から高カロリーの食事を与える、
血管を確保し、高カロリー輸液、鼻から経鼻カテーテルを使うなどが
あります。

 どれも、麻酔を必要としません。
しかし、ネコにも飼主さんにも煩雑な処置が必要になります。

 最近は、食道チューブ、胃チューブといった
消化器に直接、栄養を入れる方法が多くあります。

 今回は、猫の食欲廃絶している口腔内腫瘍の子に
胃チューブを挿入しました。

PEGチューブ 設置後1


 胃チューブとは、胃に小さな口を作ることです。
PEG(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy)
経皮内視鏡的胃瘻造設術と言います。

 食欲のないネコ、食べるときにむせたりして誤嚥を起こすネコ、
食べたいけど食べれないネコなどに使用しています。

 経鼻(鼻チューブ)よりもストレスがなく、苦痛も少ないので
ネコにとっても楽な治療で、飼主さんからも楽で良いと言われます。

PEGチューブ設置後2

PEGチューブ 説明書


 本院では開業当初から食道チューブ、経鼻チューブを使用していましたが、
長期チューブを入れて置くことができるのと、ネコ自身のストレスが少ないことから
胃チューブを使用しています。

 今回のPEGチューブはAVSという会社から発売されている
動物用のチューブになります。
 内視鏡さえあれば、とても簡単にチューブが設置できます。
慣れれば、10分くらいで設置が可能です。

 PEGチューブ 

 設置後は飼主さんが、自宅で簡単にお食事を与えることができます。
さらに、自由にお口から食事も水も飲んで結構です。
 今までの生活のリズムを変えずに、生活ができるので
飼主さんも、仕事などに影響がないので、喜ばれています。
 
 このネコちゃんの飼主さんも、ご高齢で「自分で出来るか不安」と
おっしゃっていました。
でも、すんなり出来るようになっていました。

 PEGチューブは、簡単で飼主さんにとっても
楽な治療法ですが、内視鏡を使用するため、
麻酔が必要になります。

 チューブを入れた後は、飼主さんも「ご飯を食べない」
「薬を飲ませれない」とかいう不安がなくなります。
また、口からご飯も、お水も飲めるので
飼主さんも自由にお出かけができます。

 ちょっと、痛々しい治療法ですが、
今まで、飼主さんから入れない方が良かったという感想はありません。

 でも、PEGチューブを入れる前には、担当獣医師と
よく相談してください。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.