FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

(老齢のコーギー)膣ポリープの外科手術
 老齢の犬の飼主さんから電話があり
「脱腸がある」と来院されました。

 脱腸と?診察をさせていただくと
脱腸ではなく、膣からポリープが出ていました。

膣ポリープ


 飼主さんは以前、膣から同じようなものが出て、
近くの病院で診察を受け、膣内に戻してもらったようです。
その際、担当の先生から説明があったようです。

 膣ポリープ(膣過形成)
病理的には、膣内の良性腫瘍で平滑筋種線維腫と言われています。
 悪性のものは少なく、徐々に大きくなることが知られています。
未避妊の犬に多く、避妊済の犬にはほとんど発生しません。
発情とも関連性があり、発情期に大きくなることもあります。

 膣ポリープは、悪性ではないので、手術をすぐにする必要はありませんが、
徐々に大きくなります。
 大きくなると、膣外に飛び出て、出血したり、舐めたりします。
この子も、「腸が飛び出て、舐めて、血が出ている」と来院されました。

 治療は、洗浄した後、膣内に戻すか、外科的に切除します。
飼主さんの希望を優先します。

 外科的にて、
1、全身麻酔
2、鎮静
3、局所麻酔
 上記の中で、動物の状態に合わせて行います。
治療自体は、数分で終了します。
 おとなしい子で、出て間もない場合は
治療は1分で終了します。

 この子は、再発しており、尿道の位置が分かりずらかったので、
麻酔を行い、治療させていただきました。

 入院も半日と、ワンちゃんにとっても楽な治療になりました。
再発は少ないと言われていますが、避妊していない場合は
再発例もいますので、注意が必要です。

ポリープは、良性の腫瘍ですが、
大きくなることは十分に考えられます。

 手術といっても鎮静、局所麻酔などのように
全身の麻酔が必要ない場合も多くあります。

 麻酔が心配という方は、一度、担当獣医師と
ご相談ください。
 
 きっと、良い方法が見つかると思います。
この子も、入院せずに帰宅されました。
術後も、出血などなく、飼主さんも安心されていました。
 


 
スポンサーサイト




トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.