新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ネコヘルペスウイルスによる瞬膜の水疱の外科手術
 猫のヘルペスウイルスは、別名『猫風邪』とも言われています。
特に、拾われた子猫の目の周囲が汚れていたり、涙でグチュグチュに
なっている子は、ほとんどヘルペスウイルスです。

 人のヘルペスウイルスと異なり、抗ウイルス薬が効きません。
現在は、『ネコインターフェロン』を使用したり、二次感染を
コントロールしています。

 この子は、保健所で拾われてきた子で
ネコヘルペスウイルスでした。

 瞬膜という、眼を保護する膜に水疱が出来ていました。
ネコ自身は、気にしていなかったのですが、飼主さんが
心配で来院されました。
 
 瞬膜水泡 術前


 当初は、手術はせず、点眼で経過を診ていましたが、
手術となりました。
手術は、半導体レーザーを使用し、凝固切開を行いました。

 瞬膜 水疱

 術後は、眼も気にせず、元気に過ごしています。
猫のヘルペスウイルスは、母猫から感染されます。
その後は、死ぬまでウイルスを持って生きていきます。
ストレスや、病気になり、免疫が低下すると再発することは
人のヘルペスウイルスと似通っています。
 
 子供のころに、しっかりと治療しておかないと、
角膜潰瘍などにより、失明することもあります。
 
 子猫を拾ったら、念のため、動物病院に連れてきてください。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.