新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
血管外膜細胞腫の外科手術(拡大切除しない場合)
 老犬の肘などにイボが出来たと来院されると『血管が膜細胞腫』かな?と
考えることは、一般的です。
 本院でも、年に数例、この腫瘍に罹患したワンちゃんが
来院されます。
 説明は、この腫瘍はマージンが足りないと、再発を繰り返し、
断脚になることが多くあります大きく切り取らせてください。
再発を繰り返している間に、悪性に変化することがありますとも
説明をしています。

 今回の症例は、老齢のワンちゃんの左前肢に発生した
血管外膜細胞腫でした。
飼主さんは、以前から腫瘍があり、徐々に大きくなっていることも
御存知で、「お年なので手術は・・・」とおっしゃり手術はしていませんでした。
 それでも手術を行った理由は、腫瘍が大きくなりすぎて、
手が浮腫んで、歩けなくなったからでした。

 手術前に、病理検査で診断を確定し、再発する腫瘍であること、
また悪性化することもあること、再発を防止するなら断脚も視野に入れて
飼主さんと御相談しました。
 ご相談の結果、再発をすることは承知のうえ、
マージンを余り取らず、切り取ることになりました。

 手術は、全身麻酔下で行いました。

 血管外膜細胞腫 術前1

 血管外膜細胞腫 術前2

 このように肘の内側にかなり大きな腫瘍を認めました。
手術は、少しでもマージンを考えながら、切除しました。

 手術は入り組んだ血管を止血しながら行いました。

 血管外膜細胞腫 術中 1

 手術時間は約2時間と皮膚の腫瘍にしては、かなり時間がかかりました。
原因は、切除に際、血管が豊富で止血に時間がかかること、
縫合に時間がかかりました。

 血管外膜細胞腫 術後


 腫瘍自体はこのように、かなり巨大でした。

 血管外膜細胞腫 病理

 血管外膜細胞腫は、マージンを十分にとらないと再発することが
知られていますが、本院では、再発しない症例も経験しています。
 どの子が、再発し、再発しないかは不明です。
術前検査で診断を確定した際、その辺りも、飼主さんと御相談になります。

 血管外膜細胞腫=断脚 とはなりません。
本院では血管外膜細胞腫を初初めての手術で断脚を選択することは
皆無です。
 
 まずは、担当獣医師と御相談ください。
老犬の脚に発生した皮膚腫瘍の場合は、この腫瘍を考えてから
手術の方法も決定したほうが良いかも知れません。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。