新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

アイスの棒を内視鏡を用い取りだす
 ワンちゃんは、イタズラが大好きです。
特に子犬の多くが、なんでも口に入れて
飲み込んでしまいます。

 中には、便と一緒に出てくることもあったり、
吐いて出すことも、しばしば。

 しかし、吐こうにも吐けないものもあります。
特に棒状のものは吐きにくいと言われています。

 棒状の異物を食べて来院されることが
多くあります。
焼き鳥の棒、つまようじ、割りばしなどなど。
 このような棒状の異物は、催吐処置を行うには
危険も伴います。
そこで、安全な方法として、内視鏡を使用した
異物の除去法があります。

 人と異なり、動物の内視鏡には麻酔が必須です。

アイスの棒 1

これくらい、大きなものは、催吐では出せないと思います。
また、開腹手術も一つの方法ですが、お腹を開けることは
飼主さんにとっても、ワンちゃんにとっても大変です。

 内視鏡は、麻酔が必要ですが、
安全に行え、治療後、すぐに退院が可能です。

 現在、内視鏡は進化しており
飲み込めたものの多くが、内視鏡で取り出せるようになりました。
ただ、すべてが出せることが可能ではないので、
内視鏡を行う際は、飼主さんに立ち会っていただき、
手術に移行する場合に、備えております。

 ワンちゃんの飼主さんは、
手術をしないで良かったと、喜ばれて帰宅されました。
 
 処置後も、吐くこともなく、
元気にいつもの生活がおくれています。

 飼主さんは、一安心ですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.