新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の炎症性乳癌の治療法:メトロノミック化学療法
 犬の乳腺腫瘍は日頃の診察でも
手術の件数でも多い腫瘍の一つです。
 
 乳腺腫瘍の中でも、治療に困るのが
『炎症性乳癌』と呼ばれている乳癌の一種です。
 この乳癌は、皮膚がただれて、赤く炎症を伴うことが
多いため、見た目から『炎症性乳癌』といわれています。

 炎症性乳がん 1

 今まで、この乳癌は、切除しても再発し
さらに、手術を行ったことで悪化することから
治療はないと、言われてきました。
 
 しかし、最近では、初期の状態であれば、
拡大切除を行い予後の良い症例も出て来ています。

 初期ではない場合、どのような治療法があるのでしょうか?
本院では、『メトロノミック化学療法』を行っております。
 メトロノミック化学療法とは、メトロノームのように
同じリズムで反復することから名付けられました。
今までの化学療法のように根治を目指すのではなく、
副作用を抑え、腫瘍と共存する治療法のことを言います。

 乳がんの場合、進行性乳癌にメトロノミック化学療法を
行った場合、44.4%の症例で奏功したと発表されています。
 さらに、放射線療法を併用した場合も、奏功したと報告されています。

 炎症性乳がん 2


 このように、今までの治療法では改善しなかった
もしくは、思い通りの治療が出来なかった疾患も
良くなることが多くあります。
 
 炎症性乳癌と診断され、
「治療法はありません。」「手術はできません。」と
言われ、つらい思いをされた方も完全な治療法ができた
わけではありませんが、少しでも愛犬を楽にさせてあげる医療が
進んでいます。

 現在、完治が難しい病気も、日々、医療が進歩しています。
諦めず、出来ることが無いか、ご相談ください。


 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.