新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

IBDに用いたPEGチューブ
 食欲があっても、口から栄養を取れない犬や猫に
どのように栄養を与えるのでしょうか?
 血管からカロリーの高い輸液を行う、
もしくは、鼻、食道、腸などから直接、
栄養剤を入れる方法があります。
 この子は、食欲があるものの、
療法食を食べない、薬も飲めないワンちゃんの治療法です。
PEGチューブとは、経皮内視鏡的胃瘻造設術のことです。 
PEG(Percutaneous Endoscopic Gastrostomy )

 PEGチューブ 1

 本院では、内視鏡を用いた
チューブを胃の中に造設することが少なくありません。
特に、食欲のない子、口から食事を取れない子、などに
設置しています。
 胃瘻チューブは、人の医療でも行われています。
動物に使った経験よりも、知人や友人が入れていた
もしくは、親族が入れていたということで、飼主さんも
ご存じの方が多くいらっしゃいます。
 お話を聞くと、あまり良いイメージが無いように思えます。
この子の飼主さんも、PEGチューブのお話をさせていただいた時
あまり、良い返事が返って来ませんでした。

 ワンちゃんの病気が進行し、食欲も無くなり
元気も無くなり、飼主さんも心配になり、チューブを
入れることを決断されました。

 PEGチューブ 1

 PEGチューブ2

 胃瘻チューブには4種類があります。
動物の場合、日本ではバルーン型が発売されていないので、
バンパーボタン型とバンパーチューブ型に分けられます。
 簡単に手に入るのが、バンパーチューブ型です。
今回の子には、バンパーチューブ型を使用しました。

 全身麻酔下で、内視鏡を使い、設置します。
設置するまでに、30分くらいで終了します。
日本では、オリンパス社から動物用の簡易キットが発売されています。
海外では数社、動物用に発売されています。

 当院では、処置は、麻酔下で行い、
時間も約30分で終了します。
もちろん、チューブを設置後は、すぐ退院となります。
自宅での処置は簡便なので、お一人でも
行えると飼主さんから好評を得ています。

 ご飯が食べれるようになれば
すぐに抜けます。
抜く際は、チューブが便に出そうな子は
麻酔をかけず、チューブを切り離します。
 体の小さい子は、さすがに便に出ないので
内視鏡で除去します。
 



 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.