新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
猫の腸内異物
猫が嘔吐で来院すると、必ず、お腹を触ります。
猫の場合、触診でかなりの情報が得られます。
 この子も触診でお腹の中(腸に)何か触れます。
 
 レントゲンを撮りますが、明らかに異変はありません。
血液検査でも大きな変化はなく、やっと超音波で異変を見つけました。

 超音波で異物らしきものが写っています。
飼主さんに「何か食べてはいけないものを食べていませんか?」と
お聞きしましたが、特に無いとのこと。

 飼主さんに超音波の画像を見ていただき、
バリウム造影の検査も見てもらい、何かあることは理解していただき、
飼主さん立会いの下、開腹手術となりました。


猫の腸内異物1

 開腹時の写真がこちらになります。
腸の中に黒いものが詰まっています。
飼主さんにも確認していただき、早速、腸を開けてみました。
 腸の中からこのようなものが出てきました。


猫の腸内異物2
 
 腸の中で詰まっていたのは、ヒモでした。
飼主さんにお見せすると、「あ~あのヒモかも」と分かったようでした。
 他に異物がないか確認して、お腹を閉じて
2日後に退院となりました。

 10日後に抜糸し、元気にしています。
飼主さんは、手術の前にはなかなか気づかず、
お腹を開けてみて、思い出したようです。

 一度、異物を食べた子は
それが原因でお腹を開けて手術したとか、痛い思いをしたとかは覚えておらず
楽しい、美味しい思い出のみなので、次回もありえます。
 
 異物を経験した飼主さんには、必ず、
また何か食べてくるので、気をつけてくださいと言います。

 特に猫はどこでも登れて、器用なので、気をつけてくださいね。

 この子も糸を捜して、家の中を歩き回っているようです。
飼主さんはドキドキの日々を過ごしているようです。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。