新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の悪性眼球メラノーマの外科手術
 毎日、猫の目を見ていると、カワイイなと思えますが、
なかには、腫瘍ができていることがあります。

 この子は、飼主さんが「目がおかしいと」来院されました。
年齢も高齢で、飼主さんも心配されていました。

 術前 メラノーマ外観

メラノーマ 外観 1


 外観からは瀰漫性虹彩メラノーマとそれによる続発緑内障と診断いたしました。
虹彩は重度に色素沈着し,前房や水晶体前嚢にも色素がみられました。

 猫にみられる瀰漫性虹彩メラノーマ悪性度が高く,
60%程は遠隔転移すると言われており,転移した場合は致死的です。

 メラノーマ 外観 3


 このことを飼主さんにお伝えしました。
飼主さんは、少し考えてから決断したいとおっしゃったので、
緑内障の治療を行いました。

 1週間後、眼圧は下がりましたが、
目の痛みのせいか、元気も無く食欲も低下しました。

 飼主さんから手術の依頼があり、手術を行いました。
手術は、眼球を摘出することになりました。
 手術自体は、30分で終了し、夕方には帰宅できました。

 手術後は、数日、おとなしくしていましたが
すぐに、以前のように元気になりました。

 術後、病理検査の結果が返ってきて
『悪性メラノーマ』と診断されました。
転移は認めず、脈管侵襲もありませんでした。

 手術後は、抜糸までカラーをつけていただき
10日後に抜糸となりました。

 早期に発見でき、早期に手術ができ
さらに、転移も無く、すべてうまく行った症例でした。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.