新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ラブラドールの脾臓の血管腫の緊急外科手術
 脾臓の腫瘍には、リンパ腫、肥満細胞腫、血管肉腫といった
悪性の腫瘍が発生します。
 もちろん、良性の血管腫なども発生します。
悪性か良性かは、病理検査以外で診断することは難しいと
言われています。

 この子は、12歳のラブラドールで、急に元気がなく
食欲も落ち、心配され来院されました。
 粘膜を診て貧血であることは確認できました。
飼主さんに、貧血の原因をお話し、すぐにレントゲン、
血液検査、超音波検査を行いました。
 検査の結果、脾臓の腫瘍が破裂し、血腹になっていました。
超音波の画像から脾臓の破裂は確認できましたが、
悪性か良性かはわかりませんでした。
 
 飼主さんの希望もあり、輸血と同時に手術となりました。
輸血は、約300ml行い、輸血をしながら開腹手術を行いました。
お腹を開けると、お腹の中は血の海になっており、脾臓から出血していました。
脾臓の出血部位を抑えながら、脾臓摘出術を実施しました。

 血管腫 術前


 脾臓の摘出には『ソノサージ』という、超音波メスと電気メスを
使用し、出血を最低限に抑えながら行いました。

 血管腫 術後2

 手術は約1時間で終了し、麻酔からの覚醒も早く、
翌日には、無事、退院となりました。

 血管腫 術後1
文字色

 病理の結果は、『血管腫』と良性の腫瘍であること、
もちろん、転移などはないことが診断されていました。
飼主さんは、手術が無事、終わったこと、良性の腫瘍であること
など、すべて良い結果になり、とても喜ばれていました。
 さらに、今までに以上に元気になったともおっしゃっていました。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.