新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

血栓症を併発する猫の心筋症の治療
 犬と違い、猫の心臓病は多くありません。
しかし、猫の心臓病の多くが発見が遅れることにより
血栓塞栓症という形で見つかることがほとんどです。

 猫の動脈血栓塞栓症(ATE)の多くは心臓疾患からくることが
多く、82~92%となっています。

 動脈血栓塞栓症の症状は、麻痺、虚血、痛み、などが認められます。
特に、飼主さんは、急に立てなくなった、肢に力が入らないなどの
運動失調で来院されます。
 この血栓塞栓症を誘発する心臓病の多くが心筋症と言われています。
心筋症には肥大型心筋症と拘束型心筋症があります。
猫の肥大型心筋症の分類は人と異なり細分化されていません。

 血栓形成には下記の3つの要因が作用することで形成されます。
1.血流の異常(血液速度の変化)
2.血液壁の異常(血管内皮障害)
3.血液凝固素因の変化(血液凝固活性の促進、血小板凝集亢進)
 (Etienne et.al Feline cardiology.2011)

診断は、ほとんどの場合、一般状態で可能ですが、
胸部レントゲン、血液検査、超音波検査で確定診断ができます。

 治療に関しては、
発症後、24~48時間が大切で、酸素吸入、痛みの管理が重要です。
人で行われている血栓溶解治療は人で発症後3時間以内と言われていましたが、
現在では、4時間半でも有効であるという研究結果が出ています。
 このt-PAという治療法に関しては猫では、検討・議論されているので
確立された治療法ではないようです。

 本院では、可能な限り、早期に治療を行っています。
外科的に手術も可能なので、担当獣医師と相談のうえ、
治療法をお決めいただいています。


  
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.