新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の乳腺癌の外科手術
 猫の乳腺癌は犬と比べ、来院数が少ないようです。
理由としては、犬に比べ、猫の不妊手術の割合が高いことが
要因にあるのかもしれません。

 feline oncologyによると、犬に比べ
乳腺腫瘍と避妊との因果関係は明確ではないが、
多くの、論文で早期の不妊手術が終戦腫瘍の罹患率と
相関していたと述べています。
 犬の乳腺腫瘍と不妊手術の関係を示している
論文も最近では、少し変更されているようです。
 
猫の乳腺腫瘍は悪性がほとんどで、
乳腺にできる腫瘍の約70~90%が悪性といわれています。
 この子も、前回、今回ともに悪性の乳腺癌でした。
さらに、避妊済の雑種猫でした。

 猫の乳腺癌 手術前

 本院での乳腺腫瘍の再発率と、避妊の有無の関連性は、
巷で言われているものと異なり、避妊していると再発率が
減少するということは、2歳以上に限り、一致しません。
 
 この子は、避妊済の子だったので、
乳腺腫瘍と共に、ソケイリンパ節も切除しました。
手術は、乳腺組織、さらにリンパ節も切除しました。

 猫の乳腺癌 手術後

 切除したものは、このように、かなり大きな腫瘤塊になりました。

 猫の乳腺癌 病理

 手術は、夜間救急に手術を行ったので
1泊の入院となりました。
また、腎不全の治療中だったので、入院前から点滴を行い、
血圧に注意しながら、飼主さんの待っている中、手術は40分くらいで
終了しました。

 こちらは、手術後、吸収糸で縫合した状態です。
この後、ナイロンの糸で縫合し手術は終了となります。

 猫の乳腺癌 縫合

 術後は、飼主さんと猫ちゃんが面会をしてから
飼主さんは帰宅されました。
 手術後から食欲はあり、飼主さんも一安心されていました。

病理の結果は悪性の乳腺腫瘍で、同時にソケイリンパ節も切除しましたが
リンパ節への転移は認められませんでした。

 猫の乳腺にできるイボの多くが、乳癌で、
発見、手術が遅れると肺転移もあります。
 現在、乳癌の治療は早期発見、早期治療(外科手術)と言われています。
抗がん剤、放射線療法、分子標的療法などはあまり効果がありません。
また、確実な予防法もありません。
 5歳以上になれば、週に1回は愛猫のおなかを
さすっていただき、小さなイボを見つけてください。
早期の乳腺腫瘍だと、手術時間も30分くらいですし、
半日入院となっております。
 
 この子は3回目の手術で、飼主さんも心配されていました。
また、腎不全も併発していました。
しかし、飼主さんの心配はよそに、手術に耐えて、元気に退院されました。
 今は、検査結果も良好だったので、抜糸までの間、
もう少しの我慢と話しかけているようです。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.