新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

耳血腫
耳の垂れている犬種は耳が痒いと来院されることが多いです。

 耳の病気というと外耳炎が一番多く、
本院でも外耳炎の患者さんが毎日のように来院されます。

 たまに、この子のようにお耳が腫れた、と来院されます。
状態としては『餃子』の様態を示します。
この子の診断名は『耳血腫』(じけっしゅ)です。

 
 
耳血腫

耳血腫は昔、耳を掻いたせい、とか外傷と言われていましたが、
現在は、免疫疾患に分類されていますが、本当の所は不明です。

 しかし、治療法は確立されており、
○内科療法
○外科療法
○内科、外科の組み合わせ があります。

 本院ではどの治療にも長所、短所があるので
治療に関しては飼主さんのお話、ワンちゃんの性格など
色々なことを考慮し、ベストな方法を選らんでいます。

 この子は近くの病院で内科療法をしていたのですが、
なかなか治らず、本院に来られました。
 きっと、内科療法をもう少ししていたら治っていたと思います。
 この飼主さんは、この子が耳を振るので、
それがかわいそうで、しかたがないとおっしゃっていました。

 内科療法は早くて2週間、遅い子で2ヶ月近くかかることもあります。

 なので、その子その子にあった治療法を選ぶ必要性があったのでしょうね。
僕が関西で働いていた病院では内科療法以外の選択肢はなかったので、
完治まで時間がかかっていました。
 外科的な処置を選択すれば、最短1週間で治ります。
詳しくは担当獣医師と相談の上、自分の子にあった治療法を
選ばれるとよいですね。

 耳血腫は完治する病気ですが、もう片方もなることがあるので
耳血腫を患ったワンちゃんの耳は良く見てあげてください。
猫にも起こるので、猫の飼主さんも耳を見てあげてください。

スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.