新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

(進歩する機器)犬の十字靭帯の外科手術
 犬の十字靭帯は小型犬から大型犬まで、犬種も様々に
起こる膝の疾患です。
 本院でも多くの飼主さんが、後肢を上げていると
心配そうに来院されます。

 十字靭帯には前十字靭帯と後十字靭帯があり、
犬の場合、前十字靭帯の損傷が多く、断裂まで起こすことも
少なくないようです。
 なぜ、前十字靭帯が断裂したり損傷するのか、
これには、多くの方が色々な理論を立ち上げていますが、
未だ、はっきりとはしていません。
 その中でも、犬は膝の構造が人と違い、4本足で歩くので
膝がいつも『くの字』になっており、体重が前方に傾き
いつも前十字靭帯にストレスをかけているから。
また、肥満により膝にストレスをかけているから。

このようなことに気を付けていても外傷性
年齢によるもので、十字靭帯を断裂する子が多く来院されます。

 十字靭帯の断裂の治療には外科的に手術を行う方法
もしくは、内科的に手術を行わない方法があります。
 以前、内科療法にかんしてはコラムにしましたので
今回は、外科的な手術法に関して記します。
 現在、十字靭帯の断裂には、様々な方法があります。
これが良いとか、こっちが良いとか色々と論議されています。

 本院では、最近の論文より、

Cranial cruciate ligament rupture in large and giant dogs
A retrospective evaluation of a modified lateral extra capsular stabilization
Vet Comp Orthop Traumatol 2007; 20: 43–50


大型犬の前十字靭帯断裂:関節外法変法の回顧的評価
TPLO、TPPなどの大がかりな手術ではなく、
ラテラルスーチャーテニックを行っております。
 この手術は、以前から行われてきており、歩行が可能になる確率などから
当院で、行っております。

 手術は、切れた靭帯をもとの状態に戻すのでは無く、
膝の関節の動揺を防ぎ、疼痛を無くすことを目的にしております。

 手術時間もおよそ1~1.5時間で終了し、
当日、もしくは翌日には帰宅が可能になっています。

 
 十字靭帯1

 十字靭帯 2

 このように、十字靭帯の手術専用の器具もあり
これらを利用して手術をおこなっております。

 なかなか治らない後足の拳上は、十字靭帯の断裂が少なくありません。
検査は、レントゲンと触診でほとんどわかります。
 手術は、器具さえあれば、いつでも可能です。
ただし、十字靭帯の断裂を起こしたこの膝は
手術を行っても、行わなくても変形性関節症になることが
知られています。
 このことや、術後、安静期間が必要なことなども
飼主さんと話し合い、手術日を決定しております。
 
 何か分からないことなどがあれば、担当獣医師を相談してください。
 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.