新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

創外固定を使用した交通事故による脱臼の整復術
 交通事故による外傷は昔に比べ、減っていますが、
年に数回、交通事故の症例が来院されます。

 この子も、隣の市で保護された時には
飼主さんの側から離れて1か月も経っていました。

 隣の市の保健所で保護されていました。
かなり痩せ細って、元気もありませんでした。
また、右の後肢の足首に外傷があり、開放性の脱臼と
骨折を起こしていました。

 まずは、体の状態を確認し、事故による
肝不全、気胸、脱水などを点滴、入院を行い、改善しました。

 飼主さんには、健康状態が改善してきたので、肢の手術の話をしました。
また、ワンちゃんも痛いのか食欲がありませんでした。

 これが、手術前の状態です。

 脱臼術前1

 肢を少し曲げると皮膚の間から骨が見えています。

 脱臼術前2

 このような脱臼の場合、感染症を伴うので、プレート、
髄内ピンなどは危険なので、創外固定がベストと言われています。
可能な限り、生理食塩水、もしくは、ラクトリンゲル液で
感染部位を洗浄します。
 その後、感染している部分を避けて、創外固定用のピンを挿入します。
今回は、ハーフピンを使用し、タイプ1bを使用しました。
 ダブルクランプは使用せずに行いました。

 これが、術後の写真です。

 術後1

 クランプしたピンは、骨折部位がレントゲンでもわかるように
カーボンのピンを使用しています。

 術後2

黒いピンがカーボンのピンで、銀色のピンがステンレスです。
 ステンレスのピンも良いですが、カーボンのほうが軽く、
レントゲンに写らないので、骨折の状況がとてもわかるといわれています。

 この子は、交通事故の外傷の治療を行いながら、
安静にしてもらい、自宅での療養を行っています。

 早く歩けるようになると良いですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.