新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

皮脂腺上皮腫の外科手術
 犬の皮膚には、皮膚病とも腫瘍とも分かりにくいものがあります。
この子も、1か月前から毛が抜けるとお近くの病院で診ていただいて
検査も行い、皮膚病を行っていました。
 しかし、徐々に悪化したので、本院へ紹介で来院されました。

 見た目は、このように、皮膚病のように見えます。

 皮脂腺上皮腫

 手術前で毛を刈った後なので
分かりにくいかもしれませんが、皮膚炎のようにも見えました。

 飼主さんには、皮膚炎ではないこと、
また、腫瘍の可能性が高いことをお伝えし、手術をとなりました。

 手術は、20分くらいで終了し、1週間後に抜糸となりました。

 病理検査の結果は、『皮脂腺上皮腫』(Sebaceous epithelioma)
でした。
 この腫瘍は、稀にリンパ節に転移することもある低悪性度の腫瘍でした。

 このように、一見は皮膚病にも見える腫瘍があります。
また、術前検査でも皮膚炎と病理結果が出る場合もあるので
要注意の腫瘍です。

 飼主さんも皮膚炎と思い、ゆっくりと経過を診ていましたが
心配になり、来院されました。
 手術により、確実に切除でき、転移も認められませんでした。

腫瘍といっても、見た目は悪くなかったり、
院内の検査では、腫瘍と診断されないものもあります。
 この子も、かかりつけの先生で針を刺して検査されたようですが、
腫瘍ではないと言われたようです。
 これは、診断が間違っていたのではなく、
針検査(FNA,吸引バイオプシー)の正答率が低いのです。
ある報告では、正答率は60%とも言われています。

 本院でお願いしている病理検査の病理医の先生は
針検査、細胞診は行いませんという方もいらっしゃいます。
理由は、やはり誤診が多くなるからだとおっしゃっていました。

 もちろん、細胞診で確定診断が出ることも多々ありますが、
皮膚の腫瘍、肝臓の腫瘍などは、判定に困ることもあります。

 飼主さんも、皮膚病だと思い、診察されていましたが、
心配で来院され、手術まで行い、安心されています。

 術後、10日後、抜糸をおこない、現在は、毛も生えて来て
手術をされて良かったとおっしゃています。
 病理の結果、転移もなく、再発もないので、
飼主さんは安心されています。

 皮膚のしこりは必ずしも、悪性の腫瘍ではないですが、
治りの悪い、しこり、皮膚病は、腫瘍を疑ったほうが良いのかも
しれませんね。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.