新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

マイボーム腺腫
 お年をめしたワンちゃん以外にもこのようなイボが眼に出来た子は結構います。
これは、マイボーム腺腫といいます。
 『まつげ』の生え際に小さなイボができて、徐々に大きくなってきます。
本人も気にしないので、大きくなるまで病院には来られません。
この腫瘍は良性の腫瘍ですが、よく似た腫瘍でメラノーマという腫瘍があります。
これは、悪性の腫瘍で、『黒色腫』ともいわれます。
 白色だから大丈夫とは行かず、脱色しているものも結構あります。
なので、外観では分かりません。
 この子の腫瘍は『マイボーム腺腫』でした。

マイボーム腺腫


 手術は外科切除、凍結手術、レーザー治療があります。
本院ではレーザーを使用したこともありますが、再発したりすることもあり
現在はほとんど、外科的に切除します。
 切除後はこのように結構、大きな傷になります。
小さいと,もっと小さな傷になります。
手術法はV字切除法とH形成術を施し、外眼角Z形成皮弁法を行いました。
 
マイボーム線種1

マイボーム腺腫2


 手術後はエリザベスカラーを着けてもらい、
6時間後に退院となりました。
自宅で眼軟膏をつけていただき、2週間後に抜糸です。

  
 現在まで、この手術法で再発したことはありませんが、
他の場所に出来たとか、片方の眼もなったとかはよくあります。
 眼のイボも皮膚のイボも小さいうちに取り除くと
痛み、手術時間、傷跡、経済的な問題などからも良いと思われます。

 この子は人で言う、美容形成も行った手術でした。
傷跡もほとんど気にならない程度に回復すると思います。
 この後、眼を気にして掻かないと良いのですが・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.