新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の内径の異なる腸吻合術(腸閉塞)
 秋から冬になると、食べものを探して熊も町に出て来ています。
犬も秋から冬にかけて、異物を食べて内視鏡での除去、吐かせて出すなどの
処置を行う日々が続いています。
 
 この子は、小腸が癒着をお越し、腸閉塞になったMシュナウザーです。
お年も召しており、飼主さんもかなり心配されていました。

 腸閉塞は、完全閉塞であれば、手術適応となります。
この子も、造影検査と超音波検査を行い、完全閉塞と診断しました。

 飼主さんに、完全閉塞なので手術をお薦めしました。
飼主さんも、手術をご希望されたので、緊急手術となりました。
 
 手術は、緊急だったことなどから、飼主さんの立会いの下
手術を行いました。
 手術は閉塞部位を確認しました。
明らかに、閉塞部と正常部で腸の大きさが異なりました。

 腸 閉塞
 

 手術は、閉塞した腸を切り取り、直径の異なる腸を
合わせます。
 
 手術は、腸の直径を合わせることは難しいので
可能な限り、直径を合わせるように縫合します。

 腸 吻合部

 手術は1時間位で終了し、立ち会われていた飼主さんも
安心され帰宅されました。

術後は2日間の入院後、造影剤で腸の動きと
流れを確認後、帰宅されました。
 退院の日から食欲も戻り、嘔吐もなく、とても
元気になり、抜糸の時には体重もかなり戻っていました。

 腸を切り取り、縫合することは
ワンちゃんにとっても、大変なことですが、
退院後、かなり早期に元気になり、良い結果が出ています。

 この子の場合、腸の直径が異なる吻合術でしたが
術後の経過も良く、飼主さんも立ち会い手術で安心されていました。

 
 

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.