新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
子宮筋腫
 人にも子宮筋腫という病気があるように
犬にも子宮筋腫という病気はあります。

 人のようにさほど多い病気ではありませんが、
高齢の子の不妊手術(避妊手術)をする際、見かけることがあります。

 しかし、この子は「昨日からトイレに行ってもおしっこが出ない」と来院されました。
お腹を触るとお腹が腫れていて苦しそう。
すぐにレントゲン、血液検査、超音波検査を行い、尿道を強く押している
ものがあるのが分かり、すぐに手術となりました。
 術中の写真がこれです。

子宮筋腫1
子宮筋腫2


 超音波で確認したものと同じ、尿道にへばりついている腫瘍がありました。
この腫瘍は病理検査の結果、平滑筋腫(子宮筋腫)と分かりました。
飼主さんも手術に立ち会っているので、その場で子宮、卵巣も摘出しました。
 術後、翌日から自然排尿が可能になり、元気に2日後に退院されました。
現在も、元気にしています。

 人の子宮筋腫のように、犬、猫の症例が少ないのは
早期に避妊をするためだと思われています。
 人のように、出産経験が発生に関与しているかは不明です。

 本院では、中高年の犬、猫の不妊手術の際、
結構な確立で卵巣、子宮に病気を持った子が多いように思えます。
 犬、猫は人のように生理がないので、子宮、卵巣疾患を見つけることが
難しいと思います。
 中高年を迎えた子達が家にいる方は頭の片隅に子宮、卵巣の病気も
入れておいたほうが良いでしょうね。

 もちろん、不妊手術を受けた方は必要ありませんが。。。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。