新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

筋膜に癒着したハムスターの腫瘍手術
 腫瘍の発症は、犬の死亡原因の上位に入るくらい
年々、多くなっています。
 
 それは、犬に限ったことではなく、猫にもハムスターのような
小さな動物も同様です。

 ハムスターの場合、麻酔のリスク、寿命、術前検査などの問題から
手術にまで、行えないことが多いと言われています。
 しかし、手術を希望される方も多くなっているのも事実です。

 本院では、可能な限り、手術をお受けしようとしています。
手術をお受けする前には、上記のリスクの問題などをしっかりと
話合い、飼主さんの理解を求めています。

 この子も、手術前に、飼主さんとしっかりと話し合い、
手術を希望されたので、手術中は病院にいていただき、手術となりました。
手術前はこのように、皮膚が盛り上がったように見えています。

ハムスター腫瘍 術前

犬、猫、ウサギ、フェレットなどと違い、術前検査ができないので、
手術は、吸入麻酔を利用し、全身麻酔をおこないました。
 ハムスターは体温がすぐに下がるので、アルコールを利用した
消毒ができないので、アルコールの入っていない消毒液を術部を消毒し
手術をおこないます。

 手術は30分で終了しました。

 ハムスター 術後 1

 この子は、術前では筋肉に癒着していませんでした、
手術中に筋肉に癒着をしていたので、腹膜と筋肉を切除しました。
これにより、手術中にお腹の中も見えるようになり、
手術中にお腹も一緒に閉じました。

 取った腫瘍は、このようなもので、ホルマリンに入れて保存しています。

 ハムスター 病理

 手術後は、すぐに飼主さんに会っていただき、2~3時間
病院で経過をみてからお迎えに来ていただきました。

 基本的に皮膚の抜糸は行わないで良いようにしています。

 切り取った腫瘍は、飼主さんと相談し、病理検査に出すか、
もしくは、検査に出さないか決めています。
 病院としては、取ったものがどういったものか、
また、悪性なのか、良性なのか診断しておくと予後がわかるため
重要な検査となります。
 しかし、本院ではこの検査も、飼主さんと相談して行っているため、
飼主さんの希望を聞いています。

 この子は、術後、1週間後に来院された時には
縫合糸もなくなり、手術後もきれいになっていました。
 ハムスターを含め、エキゾチックの手術は、麻酔管理、
術前検査など、飼主さんと相談し、乗り越えないといけないことが
多くあります。
 
 今回も、手術前に、飼主さんとゆっくりと話し合いを行い
術中、術後のことを理解していただき、手術を行えました。

 同じような症例でも、同じ手術とはならないので
しっかりと獣医師と相談し、疑問を残さず手術を受けていただきたいと
感じました。

 今は、元気にしています。
飼主さんも、この子は、苦労した子なので、
楽にさせてあげたいとお話をされ、手術も成功され
よろこばれていました。
 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.