新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

トイ・プードルの遺伝病(レッグ・カルベ・ペルテス)
 犬にも人のように生まれつき、もしくは、
逃れようのない病気があります。
特に、犬種といって、そのワンちゃんの種類により
かかりやすい、もしくは、両親の遺伝を引き継ぐ子もいます。

 この子は、トイ・プードルの女の子で
生後、4か月で前足を骨折し、創外固定で治癒し
元気に過ごしていました。
 しかし、生後、10カ月目で後肢がおかしいと来院されました。
病院では、確かに、右後肢を挙げて痛そうにしています。

 このように、かなり太ももの筋肉が少なくなっているのがわかります。

 れっぐぺるてす 外観

診察においては、触診で痛みの有無、筋肉量、関節の可動域などを調べ
さらに、レントゲンを撮影し、関節の緩み、形状、また、ほかの関節に異常がないか
確認し、診断を行います。

 現状、レッグペルテスは手術適応となっています。
人のほうでは、保存療法を行い、改善したという報告もありますが、
本院で、保存療法を行った子は、改善せず、手術となりました。

 では、なぜ、レッグカルベペルテスになるのでしょうか?
現在は、人のように遺伝性疾患であるといわれています。

 人の遺伝形式は常色染色体優勢形質であるが、犬では報告がない。
人の例から考察すると、軟骨型コラーゲンの異常である可能性は高い(MIYAMOTO.et.al.hum.GENET.121)

上記の論文から、遺伝性疾患である可能性は高いので、
現状では、この疾患を抱えたワンちゃんの交配は勧められていません。

 手術は、1時間くらいで終わる、簡単な手術で、
1日入院で帰宅できます。

 手術は、股関節の大腿骨を頭部を切除し、
偽関節を作成し、歩けるようにするというものです。

 このように、皮膚を切開し、筋肉を数か所切り離し、
股関節を脱臼させます。

 レッグペルテス 術中1

 サージタルソーという、医療用電動のこぎりで骨を切り離します。

レッグペルテス 術中 2

 これが切り離した状態で、医療用のやすりで
切り落とした骨の角を滑らかにして、切り離した筋肉を
元の状態に縫い合わせ、皮膚を縫合し、終了です。

 レッグペルテス 術中 3


 抜糸は10日ほどで行い、リハビリを行い、
以前のように歩けるようになります。

 この手術は、早期発見早期治療が良く、
発見と治療が遅くなると、筋肉の低下が進行し、
さらには、痛みから脊椎が変形することもあります。
 
 本院では、そこまで悪化した子はいませんが、
学会やセミナーなどで、悪化した子の、痛そうな状態を見たことがあります。

 若い、小型犬が後肢の痛みを訴えるようであれば、
こちらの病気を考えて、診察、検査をしてもらうことをお勧めします。

 この子は、1歳までに2回も、大きな手術に耐えたので、
この先は、病気知らずの元気な子になると思います。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.