新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
帝王切開
 これほど、うれしく、よろこばれる手術は他にないでしょう。
それが、『帝王切開』です。

 本院では帝王切開時、飼主さんに手術用のガウン、帽子、マスク、靴を付けていただき、
皮膚を切るところから、胎児を取り出すところまでみていただきます。
もちろん、産まれてからすぐのうぶ声まで聞くことも聞いていただいています。
 
 この子のお母さんは体重が2kgと小さく、また子供のときに大きな手術も受けられ
子供を生むのは難しいと思われていました。
 もちろん、飼主さんも同様の心配をされていたので、
本院の2次診療をしていただいている北大の繁殖学教室での精査を受けられ、
大学の先生から出産のお墨付きもいただけました。


出産直後

 出産は計画的帝王切開を考えていましたが、
やはり、計画通りにはならず、予定日よりも早く帝王切開となりました。
 手術は無事成功し、4頭産まれました。
 もちろん、お母さんも元気に当日、退院となりました。
本院では帝王切開後、おかあさんの状況と、子供の状況を考え、
問題ないと判断した場合、帝王切開当日におかあさんと子供を一緒に帰宅させています。
初乳、子供とのかかわりなどを考えて行っています。
 
 一番良いのは、やはり自然分娩でしょうね。
でも、自然分娩できない犬種もいますし、難しい状況もあります。
 帝王切開を決めるタイミングが一番難しいですが、
飼主さんと出産前からしっかりと相談、話し合う事でほとんどが
上手くいくので、妊娠していると感じたら先生としっかりと話合うことが重要ですね。


 子供が産まれるという事は、飼主さんはもちろんのこと、
まわりも幸せになるので、うれしい限りですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。