新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の十字靭帯断裂の外科手術
 ラグビーやサッカー、アメリカンフットボールの選手などは練習中、
試合中などで、膝の十字靭帯を断裂する事故が起こります。
犬の場合も、事故や外傷で十字靭帯が断裂することが結構あります。
 
 この子も、以前から、膝にある膝蓋骨が外れる病気を持っており、
十字靭帯が切れる危険性があることは話していました。
しかし、今回、不安が的中し断裂されて来院されました。

 現在、前十字靭帯の断裂には様々な手術法があり、
本院でも、内科療法、外科療法の2つから選択しています。
内科療法は大型犬でも治癒することが多く、ある報告では
90%近くの症例が保存療法で治癒するといわれています。
しかし、反面、保存療法を選択したことで、変形性関節疾患により
一生、内科療法を併用すること、もしくは、関節痛と付き合わないと
いけないこともあります。

 今回は、手術適応になった症例を紹介します。
外科療法には、多きく分けて、関節内修復法、関節外修復法があります。
読んで字のごとく、関節の中にアプローチし、手術を行う方法、
また、関節の中には器具などを入れないで、修復する方法です。

 この子は、関節の動揺の状態から、関節外修復法を選択されました。
手術は、術前から疼痛管理を行い、オピオイド(モルヒネなど)を
使用し、痛みを管理し、手術となります。

 手術は、膝の皮膚を切開し、関節の中を確認し、
十字靭帯、軟骨、滑膜、などの障害を確認します。
靭帯の状況を判断し、手術法の再確認を行います。

 手術は約1時間で終了しました。

十字靭帯断裂 手術中

 十字靭帯断裂 術中 2

十字靭帯断裂 術中 3

整形外科の写真は、手術を行った者と、関係者しか分からないと言われているので
今回は、靭帯の断裂している部分をメインに掲載しています。

 手術後は、ロバートジョンーンズ包帯を巻き、当日に退院されました。
術後は、2週間くらいで抜糸を行い、術後、2週目くらいからリハビリを行います。

 十字靭帯の断裂は保存療法でも改善することから
手術を行わない場合もあります。
しかし、手術を行わないと痛みが継続することや、
将来、変形性関節症になることも飼主さんと相談し、
治療法を決めないといけないと思います。

 この子の飼主さんは、説明の元、手術を選択されました。
手術だけが治療法でないことも知っていただくことも重要です。

 早く良くなると良いですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.