新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ネコの脛骨骨折の創外固定による整復術
 ネコちゃんは、事故や外傷で骨折をし来院されます。
特に若いネコでの骨折が多く来院されます。
イヌと違い、後肢の骨折が多く、ほとんどの飼主さんが
折れているかもとおっしゃり、来院されます。
 ネコの骨折はほとんどが外傷で、交通事故、落ちたなど
不慮の事故によるものが多いと言われています。

 この子は、飼主さんが留守の間に
足がバリケンに挟まり折れたようです。
 来院後、レントゲンで確認したところ、
脛骨が真横に折れている短骨折でした。

骨折 術前

このように、左足が変な方向に曲がっています。
レントゲン写真では。

 ネコの骨折術前 X-RAY1

ネコの骨折 術前レントゲン 2

 結構、ひどく折れています。
飼主さんと一緒に、レントゲン画像を見て、治療法を話合いました。

 話し合いの結果、手術で治すことに、また、手術法は
創外固定を選択されました。

 手術は、創外固定の効果が一番発揮できる部位の骨折です。
骨折は、骨が真横に折れており、その両端に2本ずつピンを挿入します。

 ネコの術中 1

 ネコ 創外1

 このように、ピンを挿入し、SKクランプで固定します。

創外 2

 術後のレントゲン写真はこのように
まっすぐに治っています。

 ネコの骨折 術後 レントゲン

 手術が終わり、翌日には退院となりました。
術後2日目には、走るくらいまでに治っていました。
飼主さんからは、折れた足を床に着いて走るので気が気でないと
逆に心配されていました。

 手術から2~3週間後にはピンを抜いて
完治となると思われます。
 

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.