新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

プードルの膀胱結石の外科手術と手術の切開
 冬になると、イヌもネコも膀胱結石で来院される方が多くなります。
きっと、水を飲む回数、量が減ることにより、おしっこが濃くなることが
一つの要因になるのかと思います。

 本院でも、冬になってから膀胱炎もしくは膀胱結石での
来院数が増加しています。

 プードルは、シュウ酸カルシウム結石が多く、
シュナウザーなども多く発症しています。

 この子は、以前からシュウ酸カルシウムの膀胱結石があり、
飼主さんがどうしても手術は・・・ということで手術を行わいで
来ていました。
食事療法を行っていても超音波検査で徐々に大きくなっていました。
飼主さんに、超音波画像を見ていただき、徐々に大きくなっていることを
理解していただき、飼主さんのほうから手術をお願いされました。

 手術は術前検査として、心電図、胸部レントゲン、血液検査を行い
麻酔のリスク、手術法、金額をお話し、納得していただきました。

 手術は、おちんちんの先端の尿道口に傷がかからないように
最小限の傷で行うようにしています。
男の子の膀胱へのアプローチの際、おちんちんの先端より前で
切ることが一般的ではありますが、手術の切開部に術後、
おしっこがかかることが懸念され、炎症を起こすので、
本院では可能な限り小さな傷で、おしっこがかからない場所を切開しています。

 このように、おちんちんの先端には届かない
切開創にしてあります。

 膀胱結石 皮膚縫合

 手術は、皮膚を切開し、膀胱にアプローチします。
手術の一番の問題点は皮膚の切開位置と大きさでしょうか。
本院では、男の子の場合、これくらいしか切開しません。
 また、術後は、動物用の長いフォーリーカテーテルを使用し
2日間、このカテーテルを使用し排尿させます。
骨盤骨折などの場合も、良く使用します。

 膀胱結石 フォーリー

 このカテーテルは、先端に生理食塩水を入れて、膨らませ
抜け落ちないようにしていますので、今までのカテーテルのように
皮膚に縫い合わせなくて良いので、動物にとっても良いことでしょうね。
抜く際も、お水を抜けば痛みもなく、取れますよ。

 この子は、手術した翌日に来院され、1週間後に抜糸となりました。
飼主さんも、痛みがほとんどなく、元気だったのでびっくりされていました。

 今後は、再発予防に努めるようにしてもらっています。
でも、定期検診による尿検査はしていきましょうね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.