新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ツルーカットという病理検査法
 癌、ポリープといった、体にできる腫瘤の悪性、良性の判断には
必ず、病理検査という顕微鏡検査が必要になります。

 この病理検査には、針生検といって、細い針で腫瘍を刺し、
針の中に入った腫瘍細胞を病理検査に出して、結果を確認する方法。

 腫瘍自体を、麻酔下で取り出す生検。

 今回、お話しするツルーカットがあります。
ツルーカットは麻酔の必要がなく、針生検よりも
多く材料が取れるので、その分、より正確な検査ができるといわれています。

 ツルーカット


 また、肝臓がんなどの腫瘍は、細胞が変性しやすく、
病理検査が難しい腫瘍なので、FNA、針生検のような検査では
診断の精度が落ちるとも言われています。

 本院では、肝臓がん、脾臓の腫瘍など腹腔内の腫瘍は
超音波を見ながらフリーハンドでツルーカットを行います。
直径1cm位までなら検査が可能です。

 今回は、雑種の大型犬で急に頭の皮膚が大きくなったと来院されました。
リンパ節などの腫れもなく、外傷もなく、腫瘍性、もしくは、
アレルギー性の疾患を強く疑いました。

 飼主さんと相談のうえ、病理検査を行うことになりました。
おとなしい子は、麻酔や鎮静が必要なく、ツルーカットを用いた
検査が可能です。

 ツルーカット 1

 この検査により、今まで針で検査していた病理検査が
さらに、診断精度が上がり、かつ、正確なけんさが 可能となりました。
腫瘍の術前、病理検査は画像診断と並び、手術に対して、手術法、
手術時間、予後などを決めるとても大切な検査です。

 本院でも飼主さんと相談のうえ、ツルーカットを用いるか、
針を用いた検査を行うか、一部を切除するか決めています。

 病理検査の重要性が動物医学でも高まり、
現在は、遺伝子診断も行っております。
 本院でも遺伝子診断を4社と協力し、行っております。
遺伝子診断に関しては、また、ブログで書きたいと思っております。

 

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.