新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の精巣腫瘍(間細胞腫)の外科手術
 去勢を行っていない犬で、お年を召してくると
タマタマが大きくなったと来院されることが少なくありません。

 この子は、14歳のシーズーで、かかりつけの先生に診ていただき、
手術が必要かもと言われ、心配でセカンドオピニオンに来院されました。
セカンドオピニオンとは、かかりつけ、もしくは、1件目の病院で診察、
診断された後に、心配があったり、相談事があった場合、1件目とは異なる
病院に行き、相談、検査を行うことです。
 本院でもセカンドオピニオンと勧めています。

 精巣腫瘍 術前1

 診察をさせていただき、明らかに精巣が大きくなり、片側だけ大きいように見えますが、
じつは、両方の精巣が大きくなっています。

 精巣腫瘍 術前2

 精巣腫瘍の多くが間細胞腫という、両性の腫瘍、いわゆる癌ではありません。
また、高齢の去勢していない犬に多く発生します。
 精巣腫瘍の40%がこの腫瘍とも言われています。

 精巣腫瘍の手術のアプローチは、術前に病理検査を行うか、行わないかで変わってきます。
人の場合、術前の病理検査はほとんどの場合、行いますが、動物の場合、
お金の問題、痛みの問題、麻酔の問題などを解決しないと、人と同じようには
病理検査ができません。

 この子は、術前の病理検査は行わない形で、手術になりました。
手術は、術前検査をさせていただき、、麻酔のリスク判断を行いました。
 手術は、精巣の状態を見て、陰嚢(玉袋)もしくは、総漿膜といって、
精巣を取り囲むように保護している膜を切除するか決めています。
 この子は、癒着などはなく、切除可能だったので、精巣のみ切り取りました。
術前検査でも、転移は認められませんでした。

 切り取った精巣は、このよに、片側のみ大きくなっているようにみえますが、
病理検査では、両方の精巣が腫瘍化していました。

 精巣腫瘍 術後 病理

 手術時間は15分と早く、麻酔からもすぐに覚醒し、
14歳のシーズーとは思えないくらい元気で、当日にお返し可能でした。 
手術後、飼主さんと一緒に歩いて帰宅されました。
翌日から、食欲もバリバリあり、すごく元気だと
術後、飼主さんは喜ばれていました。
 年を召してきて、麻酔の心配もされていましたが、
手術もすぐに終わり、半日で退院でき、安心されていました。

 去勢をしないと、必ず、精巣が腫瘍化するとは限りません。
でも、去勢をしていると、精巣の腫瘍はありません。

 年を召したから、ヨボヨボなので、手術は・・・
麻酔は・・・と考えることは重要なことです。
でも、年齢に関係なく、手術を受けられたり、治療を受けることが
現在の医療レベルでは可能になっています。
 
 
 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.