新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の停留精巣(cryptochidism)の発生率
 猫の去勢を望まれて来院されるネコちゃんの飼主さんには
ここ数年、猫の停留精巣(潜在精巣・陰睾)が多くなっているので
必ず、タマタマを触診させて頂いています。

 本院では去勢や不妊手術を強制することはありませんが、
ネコちゃんの飼主さんの多くが病気のこと、外に出たがること、
家の中でマーキングをすることなどから希望される方がほとんどです。

 この子も、去勢手術を希望され来院された1歳のMIXネコちゃんでした。
本院の獣医師は去勢を行う、すべての犬、猫、ウサギ、モルモットの精巣を手術前に
必ず、触診を行います。

 この子の場合も、術前検査を行い、血液検査、心電図、レントゲンでは異常を
認めなかったのですが、タマタマがあるべき所にありません。。。

 超音波検査などを行う場合もありますが、この子は皮膚の下に引っかかっていました。
写真で見ると、指でつまんでいるのが、皮膚の下にひっかかった精巣です。

 猫の皮下精巣 術前

 普通は、玉袋に2個の精巣が入っています。
ところが、この子は1個しか入っておらず、皮膚の下にありました。

 手術は、陰嚢の切開と皮膚の切開を行い、
皮膚の下にある精巣を取り出し、半導体レーザーで切除します。

 猫の皮下精巣 術中

 切り取った精巣はこのように若干、大きさが違います。
皮膚の下にあった精巣は、若干、小さいのが分かるかと思います。
腫瘍化はしておらず、無事、切除できました。

 猫の皮下精巣 術中
 
 現在、猫、犬において、停滞精巣、停留精巣、陰睾と呼ばれる疾患の発生率は
海外の論文で発表されています。
 これは、イギリスの動物病院で実施された、大掛かりな報告です。

 Incidence of cryptorchidism in dogs and cats.
  Yates D, Hayes G, Heffernan M, Beynon R.
RSPCA Greater Manchester Animal Hospital, 411 Eccles New Road, Salford M5 5NN.
Over a period of 54 months, 3518 dogs and 3806 cats were castrated; 240 of the dogs and 50 of the cats were cryptorchid.

  猫は3808頭のうち、停留精巣は 50頭いた事になるようです。
ということは、1000頭分の1頭です。
 要約すると、犬の発生率は 1%程度
       猫の発生率は 0.1%程度


 しかし、本院での発生率は、もっと高いように思えます。

 手術は、皮膚の下にあるタイプと、お腹にあるタイプと、
また、超音波で分かっているタイプ、CTなどを使用しても
分かりにくいタイプと様々です。
 手術も、先生の経験などにより、異なるので、担当獣医師と相談してみてください。

 この子は、飼主さん立会いの下、手術が行われました。
飼主さんは、初めて手術に立ち会うことを心配されていましたが、
手術を終えられ、出血も少なく、麻酔からも早く覚められ、安心されていました。
 また、本院では、精巣が正常な位置にない手術は
可能な限り、飼主さんの立会いをお願いしています。
 無理な場合は、他の部屋で手術の状況を確認できるようにもなっています。

 無事に、手術が終わりよかったですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.