新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

モルモットのアポクリン腺癌の外科手術
 モルモットを飼育されている方が増えています。
エキゾチックはハムスター、フェレット、小鳥、ウサギがメインでしたが
欧米のように、モルモットを飼われる方が多いように思えます。
 本院でも、モルモットの患者さんが増加しています。
とくに、皮膚病から外科手術が必要なものまで、多種多様になっています。

 この子は、6歳の男の子のモルモットで、数カ月前から皮膚に腫瘍があり、
最近、床に触れて出血をすると来院されました。
 診察をすると、皮膚の腫瘍が大きくなり、先端の部分から出血しています。
飼主さんと、手術に対する、麻酔のリスクをお話し、術前検査を行いました。
レントゲン、血液検査ではとくに異常は無く、飼主さん立会いの下、
腫瘍切除の外科手術が行われました。

手術前はこのように、かなり大きくなっており、腫瘍の先端から
出血もありました。

 アポクリン腺癌 術前

 アポクリン腺癌 術前  2

 手術を行わないと、毎日、腫瘍と床が摺れて出血を起こします。
しかし、年齢が6歳と高齢になっているので、飼主さんも手術には
かなり、慎重になっていました。
 手術には、術前検査を行い、血液検査、レントゲン、超音波検査を行い、
手術の概要、術後の注意点など、また、金銭的なお話を行い、飼主さん立会いの下、
手術が行われました。

 手術は、点滴の確保、術部の毛刈り、消毒が行われ、
麻酔が管理できた状態で、始められました。
 
 アポクリン腺 術中1

 手術は、皮膚の切開から、出血を伴うため、止血と切開が同時に行える
半導体レーザーを用い、行われます。
 手術は、血管の豊富な腫瘍の外科なので、
一般的な手術器具で行うより、出血量も少なく、安全に行えます。

 アポクリン腺 術中2

 周囲から腫瘍を剥離し、栄養血管を残し、この血管はかなり出血するので、
吸収糸で縫合し、さらに、半導体で切り離します。
 
 切り取ったものは、病理検査に出し、
結果は『アポクリン腺癌』でした。
悪性の腫瘍病変で、病理の結果は転移(脈管浸潤は認めず)、さらに、
腫瘍境界も明瞭で、マージンも完全に切り取れていました。

 アポクリン腺 病理

 皮下は吸収糸で縫合し、皮膚はステープラーという
糸での縫合の代わりになる、医療用ホッチキスのようなもので留めています。

 アポクリン腺癌 術後
 
 術後は、麻酔から覚めるのを飼い主さんに確認していただき、
安心されてから、3時間くらい、点滴を行い、当日の夕方には帰宅となりました。
 
 術後は、元気に過ごしており、1週間後には抜糸?ステープラーを外して終了です。

 現在、この子は、何も無かったかのように元気にしており、
手術部位も気にせず、ご飯も食べています。

 飼主さんも、元気な姿をみて、手術をして良かったとお話をされています。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.