新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の皮脂腺上皮腫の外科手術
 犬のように、老齢の猫にもイボができます。
とくに、猫の皮膚に出来る腫瘍には悪性の腫瘍が多いといわれています。
 
 この子は、15歳の猫で、腎臓疾患を抱えて来院されていました。
ある日、お尻に穴が・・・と来院されました。

 猫の皮脂腺上皮腫 術前

 診察させていただくと、このようにお知りの斜め上にイボがありました。
飼主さんもかなり心配な様子だったので、病理検査を行うことになりました。
病理検査には、針生検、バイオプシーガンでの検査、生検、スタンプ検査など
いろいろありますが、今回は、イボの一部を切り取る、生検を行いました。
 その結果、『皮脂腺上皮腫』といって、良性と悪性の中間に位置する腫瘍と診断されました。
 皮脂腺の腫瘍は腺腫、導管腺腫、上皮腫、癌に分けられます。
このなかで、転移、再発の危険性のあるのは、上皮腫と癌と言われています。
 犬では、多く見られますが、猫での発症は多くありません。

 飼主さんに、皮脂腺上皮腫は良性とはいえない、腫瘍で、
転移をすることもある腫瘍なので、可能であれば、手術も考えてはとお伝えしました。
飼主さんも、15歳の老猫で、内臓に持病のある子なので手術をすることに悩まれていました。
 飼主さんは、ご自宅で家族と相談し、徐々に大きくなってきたこと、
現在の持病が管理できていることから、手術を行うことにされました。
 術前検査でも、持病があり、貧血もありながら、麻酔に耐えれると判断し
手術を行いました。

 手術は、腫瘍周囲のマージンを切り取り、排便障害を起こさないよう
肛門の筋肉を残存し、障害が起こらないよう、腫瘍を切り取ることになりました。
 手術中の写真です。

猫の皮脂腺上皮腫 術中

手術は、全身麻酔で行われました。
手術時間は、肛門括約筋を切除せず
肛門の機能を温存したまま、排便障害も残らず、約40分で終了しました。

 皮脂腺上皮腫 術後

 老齢の猫や犬の腫瘍の手術を行う場合、ほとんどの飼主さんが悩まれます。
手術をすると痛いし、麻酔の危険も考え、さらには、本当に必要な手術かどうか。
 今回も、飼主さんは、かなり悩まれ、何度か相談をし、最終的に手術を行いました。

 自分のことであれば、すぐに決めれるのに、
ペットのことになると決めれないとおっしゃいます。

 みなさん、同じように決めれないので、早い決断を迫られない場合は
時間をかけて、獣医師と相談のうえ、決めることをお勧めします。
 
 お年なのに、痛いことをしてごめんね。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.