新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

子犬の手術を行わない骨折治療
 4ヶ月令の子犬が後肢を着かないと来院されました。
車に一緒に乗っていて、座席から飛び降りたというのです。
その後から、肢を挙げて着かないと心配になり来院されました。

 診察室でも、肢を上げたまま、着こうとしません。
触診をすると、痛いのを我慢しているようです。
でも、膝の辺りを触ると明らかに痛がります。
 飼主さんに、骨折の可能性があるので、レントゲンを撮らせて頂きました。
その前に、関節の痛み、骨折、脱臼などで肢を痛がる子のレントゲンは
かなりの確立で大きく鳴くので、レントゲン室の前で待っていただく
飼主さんにはかなりの苦痛と精神的ダメージがあることをお伝えし、
すぐに、レントゲンを撮影しました。

 レントゲンの結果は、想像通り、骨折でした。
小型犬の子犬に多い場所での骨折でした。

 子犬の骨折 X-RAY1

 
 骨折 X-RAY2

 骨折の場所は、膝のしたの部分で、
径骨、ヒ骨という骨です。
 
 飼主さんに、落ちた衝撃で肢が折れています。
治す方法は、
1.外固定といって、手術を行わず、スプリントや、包帯で巻いて
  治す方法。
2.手術を行い、ピンなどを入れて治す方法
 の2点を説明しました。
飼主さんは、骨のつき方はどうあれ、歩ければよいと話があったので、
1.の外固定という方法を選択されました。
 
 この場合、様々な固定法があり、どれを選択するかは
折れた場所、折れた方向、年齢などを考えます。
 この子は、まだ生後4ヶ月であり、さらに、元気も暴れるくらい元気なので、
包帯で折れた肢をグルグル巻きにする包帯法ではなく、
スプリントという、硬い副木を添えて、伸縮包帯で巻く方法を行いました。
 この固定をする良い点は、全身麻酔をしなくて良いこと、
痛い思いもしないこと、手術をしないこと、お金も手術費用より安いことなどが
挙げられます。
 マイナスポイントは、手術に比べ、骨が元の状態ではなく
若干、曲がって治ること、暑い時期は折れた肢が痒くなることなどでしょうか。
 どれくらい、曲がって治るかは、レントゲンを見て頂き、
予想を飼主さんにお伝えし、理解して頂きます。

 この子は、半日、預かり、外固定を行い、
折れた足を着いて帰宅されました。
心配事は、気にして外固定を噛み千切らないか・・・。
 年に1~2回、あ~というくらい粉々にして
外固定を外して来院されます。

 大人しくしてくださいとは言うものの・・・。
お手柔らかに。。。




 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.