新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

小型犬の指の骨折の外科手術
 人でも指の骨折があるように、
犬にも指の骨折があります。

 この子は、猫に驚き、ソファーから飛び降りた際に
手の指を骨折し、肢を着かないと来院されたチワワです。

 病院に来られると、手を挙げて、痛そうに歩いていました。
触診させていただくと、痛がり、手を引っ込めようとします。
少し我慢して頂き、指を触ると、骨が折れているようなので
レントゲンを撮らせていただきました。

中手骨 レントゲン 術前

レントゲン写真では、指の骨、中手骨が3本折れていました。
中手骨の骨折は、珍しくない骨折で、ほとんどの場合、外固定といって
ギブスや、スプリントという、副木を使用し治すこと多い骨折です。
 手術する子と、手術しない子との違いはどこでしょうか?

中手骨に関しては、どの指の骨が折れているかで判断します。
この子のように、手を支える指が折れている場合は、手術を薦めています。
しかし、手を支えるような指で無い場合は、副木を当てて、手術を行わず治します。

 この子の場合は、5本の指の中の3本が折れています。
また、手を支える指2本のうちの1本が折れています。
この場合は飼主さんと相談し、手術、副木の両方を考えました。
飼主さんは、痛いのを1日でも早く取ってあげたいということで、
手術を選択されました。
 手術は、ピンニングといって、折れた骨にピンを入れ、
固定する手術法です。
 折れた指の骨、3本すべてにピンを入れるのではなく、
一番、体重がかかる骨のみ、ピンを入れ、それを副木代わりにして
他の折れた骨を固定する方法です。

中手骨 術中1


 このように、骨の真ん中で折れているのが分かるかと思います。
手術は、体重の一番かかる骨をIMEXXの髄内ピンを使用し固定します。

 中手骨 術中 2

 小型犬の指の骨は細く、弱いので、整形外科用のピンドリルで
髄内に固定し、ピンを切断し、関節の中に入らないように折り曲げて
レントゲンを撮り終了です。

 中手骨 レントゲン 術後

 手術は約1時間で終了で、早ければ、半日、遅くても1日の入院で帰宅できます。
この子も翌日の朝には退院し、その日から食欲もあり、元気だと飼主さんは
手術のあとにもかかわらず、喜ばれていました。

 1~2ヶ月後に髄内ピンを抜く予定です。
3本折れていた指の骨は、1本のみ整復して他の2本の指の骨折は
治るのかと聞かれます。
 骨折の治療は、一番重要な骨を整復すると、他の整復していない
骨も元の状態に戻り、骨がくっつきます。
 この子の場合も、すべての骨にピンを入れるよりは、
重要な1本を整復し、骨を元の状態に戻すことにより、
他の折れていた骨にメスを入れず、治す事が一番です。

 飼主さんも当初は心配されていましたが、
元気に帰宅でき、さらに、肢も着けるようになり、
喜んでいらっしゃいました。

 次回は、猫にビックリしても
骨を折らないようにしてくださいね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.