新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

半導体レーザーを使用した悪性黒色腫(メラノーマ)の治療
 黒色腫(メラノーマ)は皮膚や眼、爪などに発症する悪性腫瘍の1種です。
人では、皮膚に黒い斑点が出ると皮膚ガンといわれる腫瘍と同じです。
 この腫瘍は、発生部位により、悪性度が異なります。
とくに、爪や爪の周囲でできる腫瘍は転移も早いといわれています。
この子は、お年をめしたゴールデンで、以前から腫瘍があり、
術前検査で、肺に転移が認められた口腔内メラノーマです。

 飼主さんには、すでに肺にガンが転移し、残りの人生がそう長くないことを
お伝えしていました。
飼主さんも、お年なので、切り取る手術や、麻酔をかけての手術、
さらに抗癌剤治療を望まれていませんでした。
しかし、腫瘍が大きくなり、食事中も出血するようなり、飼主さんも
このままにしておけないと再度、来院されました。
 
 そのときの写真がこちらになります。
メラノーマ 術前

 このように、直径4cm大の腫瘍が認められます。
病理検査で、悪性メラノーマと診断されており、今後のことを考えると、
大きく切り取ったほうが良いのですが、なるべく、負担をかけずにと
飼主さんからの要望があり、出血をさせずに切り取れる半導体レーザーを使用し
切り取りました。

 術後の同じ部位の写真です。
メラノーマ 術後

 レーザーで腫瘍を止血しながら切り取り、
このように、犬歯が見えるくらいまで小さくなりました。
 現在、腫瘍を持った犬・猫・フェレット・ハムスターが来院されています。
今までのように、すべての症例が、手術をし、切り取ること以外にも
放射線療法、化学療法、減量術、光線力学的療法などが選べる時代になりました。
 
 どの腫瘍に、効果があり、効果がないのか、
それは、腫瘍の特性によりますが、可能な限り、飼主さんに治療の幅をもち
説明、治療をさせていただくように心がけています。

 この子の飼主さんも、痛くないよう、入院が半日で、
さらに、費用も多くならないようにということから、
半導体レーザーでの治療になりました。
 現在は、出血も無く、痛みもなく、元気にご飯を食べれるようなっています。
お話ができない動物なので、ペットのことを一番理解している飼主さんと、
説明、理解、納得をいただき、治療を薦めています。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.