新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

コーギーの肝臓ガンの外科手術
 肝臓ガンと聞くと、良いイメージは無いとと思います。
犬の場合も、抗がん剤に効果が無かったり、取り難いガンもありますが、
小さいな内に、それも早期に切除できれば、予後は良いと言われています。
 この子は、以前から肝臓の値が悪く、飼主さんに検査を薦めていたコーギーです。
 
 先日、体調が思わしくないと来院されました。
念のため、血液検査を行うと、以前の結果より悪化していました。
飼主さんに、肝臓の数値が高い理由を見たいので、超音波検査と
レントゲンを薦め、承諾いただき、検査を行いました。

 レントゲンでは、特に以上を認めず、超音波検査では異常が認められました。
その際の超音波画像です。
 
 肝臓がん 超音波

 このように、肝臓がんは、
レントゲンで、特に異常が認められなくても、
超音波検査では異常が認められます。
 超音波検査と同時に、針生検という、病理検査を行い、
診断をつけます。
診断の結果は『肝臓がん』でした。
 飼主さんに結果をお返しし、手術を行うか、内科療法で経過を観察するか相談しました。
飼主さんも、かなり悩まれ、手術を希望されました。
手術に当たり、術前検査を行います。
 特に重要なのが、凝固系検査です。
肝臓に異常を認める子は、多くの場合、血液が止まらなくなる、
『凝固障害』が少なくありません。
 この凝固障害はガン・外傷・肝臓病・子宮疾患などで多く認められます。
この子は、検査の結果、障害はなく、手術となりました。
 手術後のお腹の中です。

肝臓がん 腹内

 肝臓の半分を切除したため、このように、大きな空洞になっています。
取り出した腫瘍は、外側左葉です。

 肝臓がん 病理

 術後は、2日間入院します。
手術の翌日から食欲があり、排便排尿も問題ないくらい元気にしていました。
術後、面会にいらした飼主さんも、寝られない位、心配だったようですが、
術後、元気に飼主さんを出迎え、さらに、すぐい食欲に喜ばれていました。
 肝臓がんは高齢で発症すること、また、無症状なことが多いこと、
さらに、手術に技術が必要なことから、何もしない事も少なくありません。
肝臓がんはガンの中でも進行が遅いことから、手術をしない方もいらっしゃいます。
 手術がベストではないのですが、治療の選択肢に手術を入れても
良いのでは?と考えさせられた子でした。

  現在は、とても元気で肝臓の数値も改善し、
飼主さんも喜ばれています。

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.