新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

脾臓の腫瘍
 お腹の中の腫瘍の中で、最近、多いのが脾臓の腫瘍です。
脾臓の腫瘍はほとんどが健康診断、他の病気の検査時に見つかることが多いです。

 なかでも、お腹が腫れていると来院された子では悪性ものが多いです。
今回の症例は咳が止まらず、苦しそうなのでなんとかして欲しいと来院された
15歳の柴犬です。
 
 この子は1年前から咳に苦しんでいたそうです。
本院を紹介され胸のレントゲンを撮り、診断は気管変形でした。
この病気は小型犬に多く、手術をすれば良くなることもありますが、
この子は変形が重度で、また変形している場所も手術に向かない
場所なので、治せませんとお伝えしました。
 
 胸のレントゲンを良く見ると、リンパ節が腫れているのに気づき
もしやと思い、お腹のレントゲンも撮らせていただきました。

 その写真がこれです。
脾臓のレントゲン1

脾臓のレントゲン2


 万歳した状態で左側に脾臓があります。
この子はご飯を食べて来院されていたので、分かりにくいので
超音波検査も実施しました。
 超音波では悪性度の高そうな所見でしたので、
ご家族に手術をしては、とお伝えしました。
 でも、15歳の高齢だし、かなり痩せているしということで
数日、ご家族とお話あいをして、立会いの手術をなりました。
 本院では立会いの手術は少なくなく、この子のご家族も
立ち会いたいということで、メスを入れるところから、覚醒して
眼を覚ますときまで、この子のそばにいらっしゃいました。

 手術は貧血と開けてびっくり、お腹の中は血だらけになっていました。
術前検査では、少しの腹水はあったもののここまでひどいとは。。。
飼主さんは執刀医のそばで、じっと見つめていらっしゃいました。
 
 なんとか、脾臓を取り除き、他の臓器も確認し、お腹を閉じました。
その脾臓がこれです。
脾臓のリンパ腫

 
 全長、約40cm 約1kgの脾臓でした。
病理検査はリンパ腫(悪性腫瘍)でした。
 術後は2日間入院し、3日目には退院され、
10日後には抜糸をして今まで活発になり、
お散歩も楽しく行かれていると喜んでいらっしゃいました。

 今回の脾臓の腫瘍もたまたま見つかったのですが、
病院に定期的に健康診断、予防で来られていれば、
きっとお腹が腫れていることに気付いていたと思います。
 でも、毎日、ワンちゃんと暮らしているとお腹が腫れているのも
分かりにくいかも知れませんね。
なので、年に1度くらいは健康診断か予防で来院されることをお勧めしています。
狂犬病の予防接種などで来院されるが良いかもしれません。
本院では狂犬病予防接種だけで来院されても、
初診代、健康診断代などの費用もかかりません。

 たまには愛犬、愛猫のお腹を横から見たり、
触ったりして、愛情を深めると共に病気かな?と思い、
触ってみたり色々してみてください。


 

 

 
 







スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.