新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

事故による大腿骨の遠位端骨折の外科手術
 事故による骨折は猫より犬に多く発生します。
本院でも事故による骨折は犬のほうが多い傾向にあります。
 この子は、事故といっても交通事故ではなく、飼主さんが
しつけていて、その声にビックリしてソファーから落ちて骨折した子です。

 病院には、様子を診ていたけど、なかなか治らないので心配で来院されました。
診察室に入る前から、後足を上げて痛そうに入ってこられました。
診察をさせて頂くと、既に上げている肢は腫れてきており、かなり痛そうです。
飼主さんに、これだけ腫れていること、また、様子を見ていて悪化していることから
骨折の疑いが強いことをお伝えし、レントゲンを撮らせていただきました。
 レントゲンの結果、このように太股の骨(大腿骨)の骨折を認め、
飼主さんに、治す方法をお伝えしました。

 大腿骨 骨折 手術前

 骨折の位置が膝関節に近いこと、大腿骨であること、
関節の動きに制限がある場所であることから、手術法を何通りからお話いたしました。
 手術法は、
1.ピン固定法(髄内ピン)
2.クロスピン
3.プレート固定法
4.創外固定
などがありますが、現実的には1.2が有用と考えられます。

 飼主さんと相談の上、1の固定法は骨折の場所が関節に近いため、
十分な固定力が望めないことから、1と2を組み合わせた方法を選択しました。

 大腿骨 骨折 手術中

手術は無事、終了し、翌日に退院としました。

大腿骨 骨折 手術後

 このように、3本のピンをクロスに挿入し、骨の回転を抑制します。
この手術は関節の中からピンを挿入するため、術中の感染、術後の感染にも
最大の予防を行い、行われます。

 予定では、術後、2ヶ月でピンを抜き、リハビリを行う予定です。

 若い子なので、早く元気に走れるようになると良いですね。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.