新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

老齢のゴールデンの頭部の皮膚腫瘍の外科手術
 老齢のワンちゃんが来院することが多くなりました。
その中でも腫瘍の症例が多く来院されます。
 この子は、お年を召しているということで、頭にできた腫瘍を
取らずに、徐々に大きくなり、このような状態になり来院されました。

 頭部腫瘍 術前1

 頭部腫瘍 術前2

元々は、小さな皮膚腫瘍だったと思われます。
しかし、年齢のこともあり、また、小さな皮膚腫瘍ということこもあり、
飼主さんも手術に踏み切れなかったと思います。

 しかし、ここまで大きくなると、目が見えなくなる、悪臭がする、
家の中も、汚れるなどの弊害が出てきました。
飼主さんも、さすがに困り、手術を希望されました。
手術には、麻酔のリスクの話、また、精密検査を行い、
この高齢のワンちゃんでも麻酔に耐えれることを確認し、手術となりました。
手術は、かなり大きく切り取る必要があり、また、皮膚を元の状態に戻すためには
皮弁という、形成外科の手術法を用い、欠損した皮膚を他の場所からの皮膚で覆い、
可能な限り、元のお顔に戻しました。
 手術は、切除、形成外科を行い、合計3時間近くになりました。
長時間の麻酔は、高齢のワンちゃんにとっては大変なことでしたが、
麻酔の醒めも良く、当日にお返しできました。

頭部腫瘍 術後


 手術後は、このように顔の変貌も少なく、飼主さんも喜ばれていました。
この写真は抜糸後、間もないので、まだ、落ち着いていませんが、
1ヶ月もすると、皮膚の状態が落ち着き、毛も生えてくれると、
ほとんど、分からない位になると思います。

腫瘍は『皮脂腺上皮腫』という悪性腫瘍と診断されました。
ただし、この腫瘍は悪性度が高くないので、肺などの臓器への転移も認められませんでした。

 今後は、自宅での体調管理をして頂くことになり、
投薬も現在、行っておりません。

 14歳の高齢で手術に踏み切られ、無事、手術も終了し
ワンちゃんも目の上のたんこぶが無くなり、においも無くなり、
みんなが幸せになる、手術でした。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.