新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

ハムスターの皮膚腫瘍
 本院ではハムスターがたくさん来院されます。
その中で老齢の子に皮膚の腫瘍が少なくありません。

 ハムスターの皮膚に出来た腫瘍を紹介します。
1歳5ヶ月のハムスターに発生した扁平上皮癌の術前と術後です。

  手術前
 ハムスターの皮膚腫瘍 術前


  手術後ハムスターの術後


 右脇にあった直径3.5cm大の腫瘍は悪性腫瘍でした。
筋層まで達しておらず、術後も安定しており、無事1週間後に抜糸となりました。
その後も再発も無く、元気に過ごしています。
 現在、ハムスターの一般状態がよければ飼主さんと御話をして
手術することも多くなりました。
 現在、医療機器も進歩し電気メス、半導体レーザー、ハーモニックスカルペルなど
手術器具があれば、出血量も抑えながらかつ、手術時間も早く終わります。
 この子もその日の夕方には退院されました。

 このようにハムスターの腫瘍は皮膚に出来るものが少なくありません。
もっと小さいと簡単な手術で済むことも、もしくは感染症かも知れませんので、
デリケートな動物であるがゆえに、早くに病院に連れてきてください。
 
 術後はほとんどの子が傷を気にしてかじるので、
術後のケアは大切でしょうね。

 犬、猫と比べ長く生きれない動物です。
その分、人生を駆け足で過ごしていきます。
病気も駆け足で悪化するので、お時間があれば
体に異常が無いか、こまめにチェックしてくださいね。



 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.