新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の臍ヘルニア
 犬にも出べそがあります。
これは、小型犬に多く、飼主さんも気付かれていない場合があります。

 犬も猫も臍(へそ)があり、お母さんのおなかの中に居るときに
胎盤と胎児を臍帯でつなっがています。
出産と同時に、お母さんがこの臍の尾を噛み切るか、ちぎれてしまいます。
ちぎれたところがおへそで、そのこの部分がもともと薄く、
さらに、小さい穴(亀裂)が数mm、もしくは数cm開いている子が出べそです。

 では、この臍ヘルニアはどうしたらよいのでしょうか?
1.そのままにしておく。
  これは、とても簡単で、手術などをせずに様子を見るということです。
  臍ヘルニアは、そのままにしておいても一生、そのままの状態が続く事が多く、
 大きな穴になったり、ヘルニアの穴から腸が飛び出したりしなければ手術をしないといけないと
 いうわけではありません。

2.手術する。
  これは、手術をしないといけなわけではありません。
  しかし、将来、腸が出てきたり、カントンしたりする可能性があるので、
  本院では、避妊、去勢などの際に一緒に行うことが多いです。
  
 この子も、以前から臍ヘルニアで避妊手術の際、一緒に行うことになりました。
臍ヘルニア 術前

 おなかの中心に『ポコッ』と出ているのが、臍ヘルニアです。
これくらいの子が多くいらっしゃいます。

 手術は、お腹の中心を避妊手術の時よりも約2cm 頭側に大きく切ります。

臍ヘルニア 術中

臍ヘルニア 術中 2.

このように、臍から脂肪が飛び出しています。
臍ヘルニアには常時、脂肪が飛び出しているタイプと
興奮したり、吠えたりした場合のみ飛び出すタイプがあります。

 この子は常時、飛び出しているタイプでした。
手術は、避妊手術を行い、同時に、臍ヘルニアのオペも行いました。
手術は避妊手術で切開する部分より、2cm大きく切るだけで、ヘルニアの穴なの周りを
きれいに整え、吸収糸で縫合し終了です。

 今まで、臍ヘルニアから腸管や臓器が飛び出してきた症例が数例います。
臍ヘルニアと簡単に考えると、びっくりすることにもなるので、獣医師と相談のうえ、
手術をする、しないを決められると良いかもしれません。

 出ベソ、奥は深いかも・・・。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.