新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
良性の脂肪腫
 腫瘍の手術が毎年、増加しています。
とくに、大きくなってからの腫瘍の手術が増えています。
 この子は、半年前に皮膚に2か所腫瘍があり、触診と細胞診で
皮下の脂肪腫と診断されていました。
ただ、飼主さんの意向で手術に踏み切らずに自宅で様子を見ていたようです。
その間、腫瘍は徐々に大きくなり、半年前の4倍近くになっていました。
 さらに、腫瘍の一部は頸部の大きな血管である、頚静脈にも癒着し、
もう1つの腫瘍は筋肉と筋肉の間(筋層)に入り込んでいました。

 頸部の腫瘍はこのように、見た目は大きくありません。
脂肪腫 術前

 しかし、切除を始めてみると、頚静脈に癒着しており、
頚静脈を温存するか、悩んだ挙句、手術に立ち会っていただいていた飼主さんと
その場で相談し、温存する方法を選択しました。

 脂肪腫 術中

 手術は何とか、無事、頚静脈を温存し、1つ目の腫瘍は終了しました.
このように、血管を温存し、筋肉の一部を取り除き、この場所の手術はおわりました。
脂肪腫 術中 2

 さらに、左肩の腫瘍の切除になります。
術前から飼主さんには、腫瘍の発生部位が深いこと、また、筋肉の下から発生していることから
時間がかかる手術だとお伝えし、立ち会ってもらいました。
 手術は、皮膚をu字切開し、筋肉を2枚切り離し、その下にある、腫瘍を分離切除しました。
その際の写真がこのようになっています。

脂肪腫 術中3

この子のように、脂肪腫を早期に発見し、手術に踏み切っても、
筋肉の間に入り込み、手術が難しくなる場合も少なくありません。
飼主さんの心情から、麻酔時間の短縮、手術の痛み、費用の問題などを考慮し
最初に見つけた腫瘍の大きさから倍近くになった場合は、手術を考えてくださいと
お伝えしています。
 
脂肪腫 術後.

 このように、結構、大きな手術になりました。
でも、10日後には無事、抜糸を行い、このような状況になっています。

 脂肪腫の抜糸後

術後10日でこのくらいなので、さらに毛が生えてくると、もっと手術した部分は良くなるとおもいます。
現在、腫瘍外科は切り取ることだけではなく、術後のケアも必要になっています。
いわゆる、形成外科というものです。
 この子も、大きく切り取り、肩の部分を毎日、飼主さんが見るので、きれいに縫合、形成を行いました。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。