新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の角膜穿孔の外科手術
 犬には角膜潰瘍といって、眼の表面にある角膜という膜があります。
人で言うと、コンタクトレンズが乗っている眼の表面です。
この膜は、思った以上に厚く、かなり頑丈に出来ています。
しかし、この子は、眼の下の毛が鼻が短いので眼の中に入り
角膜に炎症を起こし、潰瘍を起こしやすくなっていました。

 飼主さんが、「眼が青白い」と来院されました。
左目を診察すると確かに白く、さらに目の中心に穴が開いています。
角膜潰瘍が進行し、『角膜穿孔』もしくは、『角膜潰瘍のグレードⅤ』です。
 
 角膜穿孔 術前
 
 このように、角膜に大きな穴が開いており、さらに、角膜の奥にある硝子体液が
角膜の穴から外に出ています。
このまま放置すると、眼が潰れて失明する可能性がある状態でした。
 
 角膜潰瘍はほとんどの場合、手術をせずに眼薬だけで治療し、治りますが
この子のように、グレードが進行すると眼薬だけでは治りません。
その場合、飼主さんと相談し、手術を選択するのか、もしくは眼薬で内科的に治療するのか
相談し、治療法を決定しています。
 本院では、グレードによる、治療法のガイドラインを使う場合と、
飼主さんの意見を聞きながら決定する方法で治療法を決定しています。
角膜潰瘍のグレード分類はⅠ~Ⅴまであります。

 グレードⅤは、内科的には治らない場合が多く、この子の飼主さんと
相談のうえ、外科的にフラップを作成し、10日後、抜糸を行い、少し、角膜に
問題が残るものの、なんとか眼球が潰れることもなく、治ってきています。

 角膜穿孔 術後

 角膜潰瘍の手術は最近、増加傾向にあります。
今までは外傷といって、傷を眼につけてくる子が結構いましたが、
現在は、鼻の短い子が多く、角膜炎を併発し、そこから角膜潰瘍になっています。
 
 眼が白いな、眼が赤いな、充血しているなと感じたら、早めに来院されると良いですね。
とくに、鼻の短い犬種は、眼の病気も多く、シーズー、ペキニーズ、パグなどの犬種、
また、最近は、Fブルドックも多くなっています。
 
 毎日の愛犬の健康診断に眼の検査も入れると良いかも知れません。
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.