新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

皮膚型肥満細胞腫の外科手術
 皮膚にできるイボには、さまざまなものがあります。
年を召してきて、できるイボ、良性のイボ、悪性のイボなどです。

 今回は、パッと見は炎症かな?それとも良性かな?と判断に苦しむ
イボを飼主さんと相談のうえ、病理検査を行い、悪性と診断され、手術を行った症例です。

 9歳の雑種のわんちゃんが、皮膚が痒いと来院されました。
この子は、今までも季節性のアレルギーでこの時期には必ず、来院します。
アレルギーの治療もお話も終わりかけてたとき、飼主さんが思い出したように
「この皮膚のイボ、大丈夫?」と聞かれました。
 イボを見ると、確かに直径0.6cm大のイボが皮膚にできています。

皮膚型肥満細胞腫

このように、皮膚に小さな赤いポッチがあるので、
飼主さんが見ると、傷かな?噛んだのかな?と思うと思います。
また、肥満細胞腫は大きくなったり、小さくなったりする腫瘍です。
だから、飼主さんは腫瘍のイメージがなく、様子を見ていることが少なくないです。

 この子の場合も、当初、様子を見ていたようですが、
気になるので、他の用事の際、飼主さんから聞かれ、病理検査を行いました。
これに似た腫瘍で『形質細胞腫』という腫瘍がありますが、それは、
2~3か月もするとなくなる良性の腫瘍です。
 肥満細胞腫は悪性の腫瘍、形質細胞腫は良性の腫瘍です。
外見は似ているものもあるので、確定診断は病理検査になります。
検査は、麻酔もせず、簡単に検査ができるのであれ?と思われたら検査をお薦めしています。

 さて、この子は、『肥満細胞腫』と診断されてからすぐに手術となりました。
肥満細胞腫は再発の多い腫瘍で有名なので、腫瘍から約2cmずつ
大きく切り取り、ドレーンチューブを装着し、その日に退院となりました。

肥満細胞腫 術中

 このように、腫瘍の近くには大きな栄養血管が多く
いつものようにさっさと手術をしていくとかなりの出血になるので、
腫瘍の手術の際は、より慎重に手術を行っています。
この血管は、腫瘍に入り込み、さらに、栄養を与えている血管であること、
また、この血管を切り取ることで後遺症などもないと判断し、切除しました。
 飼主さんには術前にかなり大きく切り取ります(マージンを多く取って)と
伝えていたので、ビックリしていなかったですが、話をしていないと
きっと、驚かれると思います。

肥満細胞腫 術後

 本院では、腫瘍の場合、ほとんどが術前に診断を付けるので
どれくらいの大きさになるとか、痛みなど、またドレーンの装着の有無なども
事前に決まっていることが多いので、特に術後、バタバタすることは少ないです。
 術後、切り取った腫瘍を再度、病理検査を行い、
転移の有無、マージンの有無、確定診断を行いました。
転移はなかったのですが、肥満細胞腫の中では、3段階の悪性のグレード分類の中の
真ん中の分類になったため、現在は、抗がん剤治療を行っています。

 抗がん剤と聞くと、飼主さんの多くが毛が抜ける、吐く、元気ないなどの
悪いイメージがあると思いますが、犬猫の場合、吐く、脱毛などの症状もありますが、
飼主さんが想像するような副作用は多くありません。
 
 飼主さんに、手術だけの場合、また、手術後に抗がん剤を行った場合、
その両方を、今までのエビデンスに基づきお話をさせていただき、
抗がん剤の治療を選択されました。
 現在、抗がん剤の治療を行っておりますが、副作用もなく
飼主さんも喜ばれています。
 抗がん剤は、2か月で終了するので、それまで飼主さん一緒に
この子を治す努力をしたいと思います。
  

 
スポンサーサイト

トラックバックURL:

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.