FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Mダックスの副甲状腺腫の外科手術(低カルシウムの内科療法)
 定期検査にて高齢の犬で高カルシウム(Ca)血症の子がいます。
この子も、検査にて高Ca血症が見つかりました。
同時に検査センターで高Caに起因する副甲状腺(上皮小体)の検査を行いました。
検査結果は、問題ありませんでした。
多くの子が、ここで異常が出るのですが、なぜか
この子は、正常もしくは低く結果が出ました。
 念の為、超音波検査を行ったところ、
左側の副甲状腺の腫大を認めました。

_convert_20190607153128.jpg

 飼い主様と協議し、手術を行うこととなりました。
手術は、30〜40分くらいで終了します。
一般的には、当日か、1泊で帰宅可能です。
手術は、皮膚を切開し、血管と神経に気をつけ、腫瘍化している
副甲状腺を切除します。
こちらが、切除した副甲状腺です。

 P5141154_convert_20190608160234.jpg

 診断は、上皮小体腺腫
良性の腫瘍で予後は良好です。

 術後は、定期的なCa値を測定します。
ほとんどの子で2~10日以内でCa値が下がってきます。
この子は、4日目で低下してきました。
低下を確認と同時に内服を始めます。
内服が難しい状況であれば、入院、点滴を行いながら
静脈にCaを持続投与します。
この際、出来るだけ、心電図を装着し、不整脈を注意する必要があります。
 Ca値は7~9くらいを目標に安定化させます。

 退院後のCaは内服にて経過を見ます。
低Ca血症には、
1、活性型ビタミンD(アルファカルシドール)
2、カルシウム製剤(沈降炭酸カルシウム)

 この子も、術後、血中Ca値が低下したため、
入院を行い、ポンプを使い24時間管理のもと、
カルシウムを投与しました。

 現在は、内服の量を減量しながら経過を見ています。
副甲状腺の腫瘍は、血液検査で発見されることが多く、
神経症状、震えなどの症状のある、中高齢の犬と猫は
要注意です。
 
 飼い主様も安心されたようで、
手術も、退院も早く終了し、自宅で元気に過ごされています。
スポンサーサイト



耳に発症した肥満細胞腫の外科手術
 耳に腫瘍ができる場合、多くが耳道内に発症します。
この子は、耳の外側に腫瘍があり、出血し来院されました。

 14歳のテリアで、てんかんを持っている以外
大きな病気はありませんでした。
 耳のイボが大きくなり血が出たという主訴でした。

P5261181_convert_20190606113940.jpg


診察させていただくと、耳にイボがあり、引っかいたようで
その部位から出血を認めました。
飼い主様には腫瘍の可能性が高いこと、手術が必要なことを伝えました。
飼い主様も、状況を理解していただき、手術となりました。

 高齢の子なので、術前検査をしっかりと行い
手術の内容の確認の上、手術となりました。

 手術は、耳を半導体レーザー、超音波メス、電気メスを用い
出血を可能な限り抑えることと、手術時間を短くすることにしました。
手術は、ほぼ出血はなく、30分で終了し、カラーを装着後
夕方に退院となりました。

P5261184_convert_20190606114017.jpg
P5261190_convert_20190606114120.jpg

 術後は、自宅で経過を見ていただくことになりました。
腫瘍は病理検査を行い、診断は
『肥満細胞腫』高悪性度、patnaicⅡ型でした。

 現在、皮膚肥満細胞腫の診断には

1,病理組織学的:グレード分類
2,WHO分類:ステージ分類

 難しいことは、グレード分類、ステージ分類だけでは
予後の判断が難しいことです。

 当院では、リンパ節の転移、血中ヒスタミン濃度、脾臓への転移
遺伝子検査、病理(核分裂像)を予後判定に使用しています。

 肥満細胞腫は、診断は簡単な腫瘍ですが、
治療(切除後の判断)放射線療法、分子標的薬、ステロイドなど
どのような治療がベストか、明確な話が難しい腫瘍です。

 手術後の治療に関しては、
担当獣医師と資料を見ながら、決めていく必要があります。
 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.