FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

子猫の外傷性横隔膜ヘルニア、肋間裂開、皮下気腫の外科手術
 馬を飼育されているお家から
子猫の右胸が腫れて、元気なく、動かないと来院されました。
全身を見ると、右上腹部が腫れており、内出血が認められました。
レントゲンでも、皮下気腫、横隔膜ヘルニア、肋間筋肉の断裂などが
確認できました。

 P2020956_convert_20190226082908.jpg

 飼い主様にもご覧になっていただき、外傷性の障害であること、
手術が必要なことをお話しし、血液検査と超音波検査を行いました。
検査の結果、手術は耐えれそうだったので、翌日、手術のため
入院点滴を行いました。

 手術は、横隔膜ヘルニア、皮下気腫などを考え
人工呼吸器を使い、陽圧管理下で手術を始めました。
手術は、胸からお腹まで大きく切開しました。
お腹から、胸部を見ると、横隔膜に大きな穴が空いており、
お腹の臓器が肺、心膜に癒着を認めました。

 P2020959_convert_20190226083001.jpg

 まずは、横隔膜膜が裂け、お腹の臓器が胸に入り込んでいたので
ゆっくりと取り出します。
すでに癒着もあるので、電気メス、半導体レーザーを使って
肺、横隔膜から癒着を剥がします。
 裂けた横隔膜を正常に戻し、縫合します。
肋骨の筋肉が裂けて、皮下気腫になっていたので、
肋骨と筋肉を正常に戻し縫合しました。
 横隔膜ヘルニアの際、肺と胸郭に残った空気を
抜くため、ドレーンを装着しました。

P2020962_convert_20190226083043.jpg

 手術は横隔膜を切開しているので、人工呼吸器を使い
呼吸量と呼吸回数を調整し無事、手術は終了しました。
 術後は、念の為、ドレーンを陰圧にし
酸素室(動物用ICU)にて2日間入院していただきました。
手術翌日から、ICUの中でも食事をとり、お水も飲めるようになりました。
3日目は、一般病棟で入院をしていただき、4日目に無事退院となりました。

 農場の方々の励みと親身な対応で
今は元気に、過ごしています。
 今後は、馬に近づくときは
馬をびっくりさせないように。

スポンサーサイト
Mダックスの歯肉にできた悪性黒色腫
 Mダックスの歯肉にイボみたいなものができことに
気づかられる飼い主様がいます。
当院では、トリミング前の健康診断でもイボをトリマーさんが
見つけ、飼い主様に御報告することがあります。

 7歳以上の犬の歯肉にイボができる場合
多くが、良性のエプーリスです。
イボの中には悪性の腫瘍が見つかることがあります。
今回は、悪性の中でも黒色腫という、皮膚癌でよく知られている
腫瘍でした。
下顎の歯肉にポリープ状の腫瘍があります。

 P1150920_convert_20190226083947.jpg

 歯肉にできる腫瘍には下記のような報告(山口獣医学雑誌 (40), 31-35, 2013-12)
分類:炎症性疾患が59.8%
   腫瘍性疾患が35.6%(良性腫瘍18.4%,悪性腫瘍17.2%)

悪性腫瘍で一番多いのは、悪性黒色腫です。
悪性黒色腫は、多くな獣医師が論文を発表しています。
論文内容は、早期発見、早期治療、さらに、抗がん剤の効果を示しています。
 
 術前検査で、胸部レントゲン、血液検査を行い、
鎮静下にて病理検査を行いました。
病理の結果は、約1週間で報告されます。
結果は、悪性黒色腫でした。
飼い主さまと協議の上、下顎のレントゲンを撮影し、
下顎の吸収像を確認し、手術マージンを決定しました。
手術は、下顎を残し、可能な限り、腫瘍を大きく切除します。

 P2181010_convert_20190226084519.jpg

 手術後、2週間です。
どうしても、犬歯も抜歯したので、
下が出ていますが、個人差があるものの、
下が、外に出てしまいます。

P2231014_convert_20190226084608.jpg

同時に、下顎リンパ節も切除し、病理に出します。
術後のことを考え、食べ物や、お水をこぼさないよう、
頬の皮膚を形成し、2日間の入院後、帰宅としました。

 手術後は、2〜3週間、お水をこぼしたり、
食べ物をこぼしたりしますが、多くの子が、上手に食べ飲みできます。

 この子は、早期発見、早期手術、マージンも大きく切除したので
転移もありませんでした。
同時に切除したリンパ節にも転移は認めらませんでした。

術後は、抗がん剤の投与も行わず
元気に過ごしています。
この子のように、健康診断、トリミングの時に
異常に気づけば早期に見つけrことができます。
 中高齢の口の中にできるイボは
3割強腫瘍で、その半分近くが悪性です。
可能な限り、病理検査を行うことをお勧めします。
 飼い主さまも、無事に手術が終わり、
再発、転移もないので、喜ばれていました。




   

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.