FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会
日本獣医師会
札幌小動物獣医師会

妻、子供、犬3頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー
   自転車
   バイク
   川下り
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

犬の緑内障治療としての眼球内シリコンボール挿入術
 犬の緑内障は中高齢の犬に発症する目の病気です。
診断は、目が大きくなった、白目が赤い、物にぶつかるなどの症状があります。
飼い主様が見つけれない場合、トリマーさんから目が赤くないですか?と
聞かれ、気づく飼い主様もいらっしゃいます。

 この子も、トリマーさんから、指摘されました。
緑内障の診断は、眼圧測定を行います。
最近では、多くの病院で眼圧計があり、簡単に測定ができます。
 正常眼圧は20mmHg以下とされ、30mmHg以上では緑内障を強疑います。

 治療は、原因と視覚(見えてるか)により変わってきます。
 原因には、
・原発性
・続発性

 治療には、視覚がある場合は内科的治療になります。
内科的治療の多くは
1,プロスタグランジン誘導体(PG)点眼薬
2,炭酸脱水酵素阻害薬(CAI)点眼薬
3,βブロッカー点眼薬
4,副交換神経作動性縮瞳薬点眼

 点眼薬でコントロールできない場合は
1,緑内障チューブシャント
2,毛様体レーザー光凝固術
3,眼球摘出術
4,強膜内シリコンボール移植術
5,硝子体ゲンタマイシン注入術

 当院では、2,4,5のどれかを選択しています。
1、3はあまり行っていません。
1, 国内で発売されていない製品を使用するため
  チューブシャント術は眼科専門医での手術をお勧めしています。
3,腫瘍などの摘出が必要でない限り、原発性の緑内障では行っておりません。

 今回は、飼い主様と相談の上、4のシリコンボールを移植しています。
シリコンボールは白目と黒目の間を切開し、目の中になる組織
水晶体などを取り除き、何も無くなった目の中にシリコンで出来た
ボールを挿入します。
挿入後は、切開した部分を縫合し終了します。
 術後は、痛みなどもなくなり、カラーなどもつけず生活できます。
眼球自体は、少し白濁したり、黒くなったりします。
 術後の目はこのような状態です。

PC020835_convert_20181210175616.jpg

 緑内障のシリコンボールは、目の形も変わらず
手術も簡単ですが、念のため、術後の状態をご説明しています。
手術法には長所と短所があります。
すべての手術法の説明をお聞きになり、
担当獣医師と治療法を決定してください。

 緑内障は獣医師とよく相談し、
治療法を選択すれば怖い病気ではありません。
内科療法、外科療法、何が良いのか
愛犬の気持ちも汲んで、治療にあたってもらえると幸いです。
 
スポンサーサイト



気づかずに大きくなる膀胱結石(シュナウザー、シーズーに好発する)
 おしっこに血が混ざることを主訴に来院される中高齢の犬がいます。
血尿の多くが、膀胱炎ですが、中には膀胱結石を患っている子もいます。
 不思議なことに、膀胱結石を患っているにもかかわらず
症状として出さない子がいます。
特に、排尿を外でしている子は飼い主さまも
症状に気づかないことが多くあります。

 この子は、数日目から血尿で近くの病院に行かれ
腎結石の疑いで、当院に来院されました。

 エコー検査にて、膀胱結石を認めました。
膀胱結石は8個あり、かなり大きくなっていました。
Mシュナウザーとシーズーは膀胱結石が多く、
さらに、ストルバイト結石の場合、痛みを伴わないので、
発見が遅くなる傾向にあります。

 飼い主さまは、膀胱結石が大きく、多数あること、
現在、膀胱炎を併発し泌尿であることから手術を希望されました。
手術は簡単で、約40分で終了します。
術後も、2日で退院となります。

 開腹後、膀胱を確認すると、膀胱炎が重症で
膀胱の外側にも炎症が波及していました。

PA300780_convert_20181101084709.jpg

 こちらが、摘出した結石です。
かなり大きく、飼い主さまもびっくりされていました。

 PA300781_convert_20181101084739.jpg

 PA300788_convert_20181101084857.jpg

 結石は、『リン酸アンモニウムマグネシウム』 ストルバイトともよばれる結石でした。
早期発見であれば、食事療法で手術をせずに済むこともあります。
今回は、結石の個数が多く、大きくなっていた、
膀胱炎も重度であることから飼い主様の意向で手術になりました。
 
 手術時間は四十分ほどで、すぐに終わりました。
手術、4時間後に面会をしていただきました。
入院中は、フォーリーカテーテルを膀胱に入れておきます。
 2日後には、カテーテルを抜いて、自然排尿が可能になります。
多くの子が、1〜2日の入院で退院となります。
 この子は、膀胱炎も重症だったので、術後は
抗生剤、抗炎症剤、止血剤で経過を見ました。
 
 結石は、検査センターに解析をお願いし、
食事療法をお勧めしました。
術後は、定期的に尿検査を行います。
食事療法、膀胱炎のコントロールにて再発はほとんどありませんが
尿検査を1年くらいしていない子で、再発を認めた子もいました。

 再発する血尿、残尿感のある子は
可能限り、膀胱のエコー検査をお勧めしています。

 ストルバイトはシュナウザー、シーズーに多く
犬種により結石の傾向は異なります。
雌犬で大きな結石になる傾向が高いため、
飲み水の量の減る、秋から冬にかけて、
血尿を見たら、一度エコー検査をしてみてはいかがでしょうか?

 ストルバイトは、食事療法で治ることが多いため、
早期の発見で、手術をせずに済みます。
今の療法食はかなり、進化していますので、
7歳以上になれば、一度、健康診断に尿検査をしてみては
いかがでしょうか?

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.