FC2ブログ
新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 48歳
獣医学博士

獣医麻酔外科学会 評議員
獣医腫瘍学会
獣医皮膚科学会

妻、子供、犬4頭、猫2頭、フェレット1匹
と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
猫のラプロス:慢性腎臓病薬(ベラプロストナトリウム)の治療効果
 猫の慢性腎不全は、5歳以上の死亡原因の1位で
10歳上の猫の30〜40%が罹患しています。
(Sparkes et al.J Feline Med Surg.18(3)219-239.2016)

根治は難しく、進行の予防や保存的治療が一般的です。
日本国内で、猫の腎不全治療薬として認可を受けた
ベラプロストナトリウムの効果を検討されています。
今までは、ラットの投与実験からなので、参考にできませんでしたが
今回、猫の症例報告が発表されたので、そちらを参考にします。
(Toyama et al J Vet Intern Med ,32(1)236-248.2016)

P4050470_convert_20180406163215.jpg


多施設で31頭に薬剤投与した結果

 ベラプロストナトリウムを投与した群は
・ BUN,CREAは有意な変動は認められなかった。
・血清リン/カルシウム比は有意な変動は認められなかった。
・食欲が増加し、体重が増加した。

 上記から、ベラプロストナトリウムは猫の腎不全に有効であることは
証明できましたが、今までの薬である
ベナゼプリルや、ARBのような薬よりも効果があるとは言い難いようです。
今後、他の薬との比較、相乗作用などが検討されるまで
第一選択になるかは判断が難しいと思われます。
 
 ベラプロストナトリウムは、食欲増進作用があるので、
食欲が落ちてきた子に、今までの薬に変えることは
有用かもしれません。
 当院でも、食欲不振の腎不全の子には、
ベラプロストナトリウムを処方しています。

 猫の腎不全の食欲不振には、
ミルタザピンや、オンダンセトロンなどのお薬でも
改善することは知れているので、
今ままでの薬を変えることが心配な飼い主さまは
上記のお薬を追加することをお勧めします。

 猫の慢性腎不全は治癒することが難しい疾患なので
飼い主さまも辛いと思いますが、様々な治療法が
あるので、担当獣医師とよく話し合ってください。

 きっと、飼い主さまに合う治療法が見つかると思います。
スポンサーサイト
脾臓の血管肉腫の外科手術と化学療法
 7歳以上の犬が急に元気なくなった、
動かなくなったと来院されることが多くあります。
 他の症状は、食欲がない以外
嘔吐や下痢などはありません。

 このような場合、脾臓の血管肉腫であることがあります。
脾臓の血管肉腫は大型犬、特にゴールデンレトリバー
バーニーズなどに多いイメージがありましたが
現在は、小型犬でも多く認められます。

 P3110424_convert_20180324175636.jpg

 脾臓の血管肉腫の治療法としては
外科手術により、出血を止めること、
その後の化学療法が一般的です。

 外科手術は、事前の検査が重要です。
血液検査では、貧血と凝固系の検査が重要になります。

 貧血はPCV <20% Hgb <5-7g/dlの場合、輸血が必要になることがあります。
血小板が低下している場合には、DICも発症していることがあるため
血漿輸血や低分子ヘパリンなどの治療も行います。

 血管肉腫は転移の多い疾患のため
事前に、心臓や肝臓への転移を確認する必要もあります。
 このようなことが解決できていれば
手術は容易におこなえます。
 
 外科手術は視野の確保のため、
正中切開を行い、脾臓の血管を止血しながら、
腫瘍の被膜を保護し、切除します。
多くの場合、癒着があるので、他の臓器を傷つけないように
切除します。

 術後2日間は、心室性不整脈が起こることがあるのため
経過を確認し、状態が良ければ退院となります。

 術後は、化学療法を行うことが多く、
現在、ドキソルビシンを使った治療法が有用です。
ドキソルビシンを使った治療法と、ドキソルビシンを使わなかった治療法と
比較すると、ドキソルビシンを使った治療法より効果のある治療法は
確認されていません。
 最近では、メトロノミック療法(低容量シクロホスファミド)も
ドキソルビシンを使った治療法と変わらず効果があると報告されています。

 サリドマイドによる治療法も報告されています。
サリドマイドの投薬により生存期間中央値が172日(95% 信頼区間93−250日)
サリドマイドの投薬を受けた犬の33%が手術後1年以上(458−660日)
生存したと報告されています。

 血管肉腫は予後が悪いと言われ
術後、補助療法を行っていない症例も見受けられます。
最近では、抗がん剤も入院せずに自宅での内服も
可能になりました。

 術後の補助療法には、様々な治療法があるため
担当獣医師と効果、副作用、費用などを相談の上
今後の方針をお決めください。

 


copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。