新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

Mシュナウザーの胆嚢破裂の外科手術
 シュナウザーは胆嚢に疾患を持っている子が多くいます。
本院でも、中高齢のシュナウザーの健康診断で
胆嚢に異常を認めることがあります。
 
 一番、多い胆嚢の病気は胆泥といって
胆嚢の中にある胆液が泥状になり、粘調性をもち
泥状から固形になることもあります。

 この子は、ホームドクターで肝炎と診断され
入院点滴を行っていましたが、改善せず紹介されて来院されました。

 血液検査では、肝臓に炎症を伴っており
ホームドクターの診断通りでした。
超音波検査では肝炎も認めましたが、胆嚢の破裂を伴う
腹膜炎と診断しました。
 飼主さまに、診断名をお伝えし、治療法の説明しました。
状態が悪化傾向になることから、手術をお勧めしました。

 飼主さまは、悪化していることを認識されており
手術を希望されました。

 手術は、すぐに開始され、飼主さまにも立ち会っていただきました。
開腹したところ、お腹の中は、腹膜炎で炎症がひどく
胆嚢から漏れ出た胆液と胆泥、小さな胆石も大量にありました。

胆嚢 切除前

  破裂した胆嚢を肝臓から剥離し、総胆管を洗浄し
開通を確認後、肝臓の一部を切除しました。

胆嚢切除 後

 手術後は、お腹の中をきれいに洗浄し、ドレーンチューブを
お腹の中に設置し、お腹を閉じて手術を終了しました。

胆嚢切除後 1


 手術後、20分で覚醒し、痛み止めでおとなしく寝ていました。
入院から2日後で退院し、術後は元気にしています。

 胆嚢破裂は犬では多く、特に中高齢のMシュナウザーで
多く、腹膜炎を併発し死亡することもあります。

 今回は、ホームドクターで肝炎のコントロールをしていただいていたので
無事に、手術まで終了しました。
 胆嚢切除自体は、難しい手術ではなく
1時間くらいで終了します。
 しかし、この子のように破裂したり、腫瘍化していると
難易度は上がります。
さらに、黄疸や止血不良に陥ると、死亡率も高くなるといわれています。

 Mシュナウザーの飼主さまは、6~7歳以上の子の
肝臓と、胆嚢の検査をお勧めします。
 血液検査と超音波検査で診断が可能です。
おかしいと思う前に検査をしてみてはいかがでしょうか?
スポンサーサイト
 安全ピンを飲んだMシュナウザーの外科手術
(下記のほうには、手術の画像が入っております。
 画像をご覧になりたくない場合は、閲覧をご遠慮ください。

  年末に急患が来院されました。
朝の食事後、元気がなく、吐いて震えていると・・・。

 お腹を触ると痛がり、明らかに元気もありません。

 飼主さまと相談し、血液検査と腹部レントゲンを撮らせていただきました。
結果、レントゲンに安全ピンのような画像があり、飼主さまにお聞きすると
あ~という声が。
 以前から、嘔吐を繰り返していたけど、食欲もあり元気だったので
様子を見ていたということでした。

 安全ピンは、小腸にあり、内視鏡では微妙な部位でした。
念のため、超音波検査で、腸壁に刺さっており手術が第一選択になりました。

 すぐに手術の用意を行い、手術を行いました。
お腹を開けると、すぐに小腸に穿孔が認めれました。
 その所見がこちらです。

 安全ピン アップ
 
 アップにすると、このようになっていました。

 安全ピン 2

 手術は、1時間で終了し
出血もほとんどなく、早々に覚醒しました。

 翌日には、お水を飲んで、退院時には
ご飯も食べれるようになっていました。

 わんちゃん、特に若いワンちゃんは
気になったものを噛んで遊ぶ子が多くいます。
この子も好奇心が旺盛で、遊んでいるうちに飲んでしまったのでしょう。

 飼主さんは、以前から吐くことがあったとおっしゃっていました。
以前、安全ピンを飲んで胃の中で滞留していて、ご飯を食べたときに
タイミングが悪く、腸に流れたのだと思います。

 こういった症例は多く、手術になるケースも少なくありません。
胃の中に、異物がある場合は、胃カメラ、いわゆる内視鏡での
摘出が可能です。
 
  異物は、幼い犬に多く
食べ癖があります。
食べ癖のあるワンちゃんを飼っている方は
可能な限り、口に入れてはいけない物を
置いておかない!!これがベストでしょう。


 
犬(乳腺腫瘍)外科手術時の避妊手術のエビデンス
乳腺腫瘍は、雌犬で、避妊手術をされていなワンちゃんに
多くみられる腫瘍です。
 
 この子も、乳腺腫瘍をトリマーが見つけ
手術を希望されました。

 乳腺腫瘍 外観
 
 乳腺腫瘍 手術後

 この子は、乳腺腫瘍のみの切除になりました。
同時に、避妊手術は行いませんでした。

 以前から、乳腺腫瘍の手術時に
避妊手術を行うほうが良いのか、病院により
もしくは、獣医師により意見の相違がありました。


Morris JS.et al
Effecy of ovaryohysteterctomy in bitches with mammary neoplasma.
Vet Res.142(24).656-658.1998

Serenomo KU.et al.
Effect of spaying and timing of spying on survival of dogs with mammary carcinoma.
J Vet Intern Med.14(3);266-270.2000

Kristiansen VM.et al.
Effect of ovariohysterectomy at the time og tumor removal in dogs with benign mammary tumor
and hyperplastic lesions.
J Vet Intern Med.27(4):935-942.2013

 こららの論文では、乳腺腫瘍と同時に
卵巣を摘出しても再発に関連性はないということです。
 
 しかし、日本の大学病院の報告では、
一緒に手術したほうが、再発率は低下するというものでした。

 飼主さまにしたら、どうしたものか???
と悩まれると思います。

 現在、動物医療はエビデンスと経験からなっています。
当院では、日本の報告、海外の論文を両方、説明しており、
最終的に、飼主さまと一緒に、卵巣も切除するのか決めています。

 ほとんどの飼主さまが、麻酔の観点や、痛みの問題から
卵巣を同時に切除する方は少ない状況です。

 乳腺腫瘍は早期発見、早期治療で完治できる腫瘍です。
さらに、早期発見も簡易に行えます。
 2~3か月に1回、トリミングに出して
全身を触ってもらうと、良いと思います。

 手術に疑問を持った場合、
麻酔が心配な方は、担当獣医師、スタッフまでご相談ください。

 飼主さまが納得されるまで
ご説明をいたします。

 
 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.