新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

安全ピンを開いた状態で飲んだMダックスの内視鏡摘出術
 Mダックスは、いろんなものを飲み込んでしまうことで有名です。
当院でも、過去に数回、異物を飲み込んで急患で来院された子もいます。

 今回は、以前、異物を食べて小腸の半分を切除した
Mダックスが、急患で来院されました。

 飼主さまは、「間違いなく、安全ピンを飲んだ」
「それも、ピンが開いていると思う」と。
 飼主さまも、心配で心配で、どうしようと不安がられていました。

 安全ピンが閉じている状態であれば、
催吐剤で吐かせますが、今回はピンが刺さる危険があるため、
吐かせることは難しいと判断しました。
 レントゲン写真では、このように
胃の中に安全ピンが、開いた状態で映っています。

安全ピン 1

 飼主さまの強い意向で、手術をしないようにと。
当院では、胃の中の異物は可能なかぎり、手術をおこなわず、
内科療法で対処するか、内視鏡を使用しています。

安全ピン2

 今回も、内視鏡での異物除去を行いました。
 異物を胃から取り出す場合、
通常の方法では、食道や、胃を傷つけるため、
胃チューブなどを用いて異物を取り除きます。

 これくらいの胃内異物なら
開腹手術をせず、取り除くことが可能です。
異物は、飼主様の認識と早期発見で、手術をせず
内視鏡を使用し、取り除くことが可能です。

 この子も、飼主さまが
早く気づき、来院されたので、すぐに
内視鏡にて除去が可能でした。

 犬も猫も、飼主様が考えもしないものを
食べていることがあります。
 特に、若い子ほど、口に入れることが多いようです。
年を取り、高齢になっても異物で来院されることが
少なくないことは、言うに及びません。

 この子は、麻酔から覚醒後
2時間で退院となりました。
 処置後は、数日
胃薬を飲んでいただきます。

 飼主さまのご意向通り
手術せず、異物の除去が出きて
喜ばれました。

 ちなみに、この子は
以前、異物で開腹、腸切開の手術を受けていたと
聞きました。
 次回が無いとよいですね。 
スポンサーサイト
麻酔を使用しないCRYOPENを使用した皮膚腫瘍の治療法
 皮膚の腫瘍の治療法は、ほとんどが外科手術になります。
皮膚腫瘍の多くは良性で、手術をしない場合も多くあります。

 当院では、皮膚腫瘍が発生した場合、
病理検査を行い、悪性もしくは、良性の診断を行います。
 良性腫瘍の場合、
ほとんどの飼主さまは、手術を希望されない場合が多く、
飼主さまと相談し、
手術を行わず、経過を観察することもあります。

 手術はしたくないけど、大きくなってきたので心配というかたは
半導体レーザーでの治療、もしくは、『CRYOSURGERY』を勧めています。

半導体レーザー 飛鳥


 半導体レーザーは、レーザーを腫瘍に当てて、腫瘍を小さくします。
痛みが少なく、全身麻酔は必要ないことも多くあります。
最近では、秘蔵の腫瘍など手術を希望されない方への
光線力学療法などの高度医療にも使用しています。

半導体 縮小1

CRYOPENは、人の皮膚医療、歯科医療などでも
使用されています。

 CRYOPEN.png

 当院では、脊髄疾患や皮膚腫瘤などでも
使用しており、治療時間が数分、飼主さまと一緒に
治療を受けられることから、治療を希望される方が増加しています。

 CRYOPEN 2


 こちらも、麻酔は必要ないので
心臓疾患、麻酔の不安のある方には適しています。

 腫瘍や腫瘤の治療で心臓疾患、内臓疾患がある方や
麻酔に不安がある方は、これらの治療を選択することも可能です。
 手術は・・・
麻酔は・・・はなどの心配は担当獣医師までお伝えください。


 

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.