新千歳動物病院のブログ
北海道の新千歳動物病院での症例(病気、手術など)を掲載したり、病院内で起こった事柄などを日々、書き込むブログです。 可愛い動物に起こったことを、飼主さんに向けて情報を発信していきます。

プロフィール

動物病院 院長

Author:動物病院 院長
関西出身 47歳

獣医学博士
獣医麻酔外科学会 評議員

妻、子供、犬4頭、猫1頭、フェレット2匹
ハムスター2匹と暮らしています。

趣味;登山、犬と一緒にクロカンスキー。
   フライフィッシングも超初心者です。

 

 

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

猫の尻尾にできた扁平上皮癌の外科手術
 腫瘍の発生率は犬の場合、人と同様の発生率と言われています。
猫は犬の半分と言われており、腫瘍と診断されることは多くありません。
その腫瘍の半分以上の70%が悪性腫瘍です。

猫は犬や人と比べ腫瘍の発生率が低い分、
悪性の腫瘍の発生率が高いことになります。

 今回、尻尾の先端から、出血を繰り返し、
「傷が治らない」という主訴で来院された猫のお話です。

 尻尾にカサブタがあり、出血していました。
飼主さまは、外傷で舐めて傷が治らないものと
考えていました。
さらに、猫ちゃんが怖がりさんで、病院に連れて行くのも
悩まれていました。
  
 傷が、治りかけては、また、出血を繰り返して
飼主さまも心配になったようです。

 猫の尾の扁平上皮癌
 このように、尻尾の先端に、腫瘍があり、
きっと、本人も気にしていたと思います。
 
 手術は、全身麻酔下で行いました。
腎不全の猫ちゃんなので飼主さまも、待合室で
お待ちいただき、手術となりました。
 手術は無事、終了し、当日の退院となりました。

 病理検査の結果は、『扁平上皮癌』で
悪性の腫瘍が認めれました。

 術後:猫の尾の扁平上皮癌

 マージンに問題はなく、完全に切り取れていました。
尻尾の先端に腫瘍ができたのは、可愛そうでしたが、
完全に切り取ることができ、再発も無いことから
飼主さまは、もっと早く手術をすればと、落胆されていました。

 しかし、手術が無事、終わったこと、
完全に切除できたこと、再発がないことから、
とても喜ばれていました。
スポンサーサイト
ソケイヘルニアから脱出した子宮蓄膿化した卵巣子宮の全摘出術(M、ダックス)
 
 下記には、手術中の写真を掲載しております。

 Mダックスのヘルニアというと
胸腰椎の椎間板ヘルニアだと思われています。

 この子は、鼠蹊部(ソケイ)のヘルニアです。
場所は、股の付け根に元々、小さな穴が空いており、
先天的に大きな穴が空いている場合をソケイヘルニアと言います。
 その穴から、脂肪のみが出ている場合、
特に大きな問題になりませんが、今回のような
後天的に、ソケイ部から子宮と卵巣が飛び出し、その子宮に膿が溜まっている場合は
とても危険です。

 最近、ソケイ部が腫れて来て
飼主さまは心配になり、かかりつけの病院で、診察を受けました。
ソケイヘルニアと診断され、手術は必要ないと言われ経過を見ていました。
 経過を見ているうちに、どんどん、大きくなり、
食欲も無く、元気も無くなり、心配になり
5日経っても食欲もなく、心配になり紹介でお電話をいただきました。
 飼主さまの事情で、往診で、お家にお伺いしました。

 初診時は、このように、かなり大きな、しこりになっています。
触っても痛くなく、ぐったりしています。
 これは、超音波検査の模様です。

 ソケイ腫瘤 術前

 手術前に、ソケイから飛び出ているものを
超音波検査で確認し、手術の術式を決めていきます。
 手術は、常法通り、正中切開を行い、
お腹の中から、飛び出しているものを確認します。

ソケイヘルニア 術中1

 その後、ヘルニア部の皮膚を剥離したうえで、ヘルニア嚢を
切除し、ヘルニアの中身を取り出します。
 ヘルニアの中身は、下記のように、子宮蓄膿症化した子宮と
卵巣と脂肪でした。
 幸せなことに、膀胱と、腸管は出ていませんでした。

ソケイヘルニア 術中2

 ここまで来ると、大きな血管もなく、尿管も確認し
卵巣と、子宮を切除します。
 切除後、ヘルニア嚢と膜を切除しました。
下記は、大きく開いているヘルニア孔と子宮の断端が見えています。

 ソケイヘルニア 術中 3

 大きく開いているヘルニア孔をPDSの吸収糸で縫合し、
血管と神経を閉じました。
 
 ソケイヘルニア 術後

 術後は、すぐに覚醒し、飼主さまと面会をされて、
2日後に退院となりました。
 術後から、とても元気になり、吠える元気も出てきました。
飼主さま2人とも、心配されていましたが、
現在は、飼主さまもビックリするくらい、元気です。

 ソケイヘルニアは、ずっと、その状態をキープしたままの場合もあります。
しかし、中には腸管、子宮、膀胱などが飛び出すこともあります。

 手術するべきかは、担当獣医師を御相談のうえ、
お決めいただけると良いと思います。
 ソケイヘルニアは、緊急性がある疾患ではありませんが、
悪化、もしくは、緊急な治療が必要なこともあります。

 その辺りを、獣医師をよく話合っておくことをお勧めしております。
若齢のペキニーズの椎間板ヘルニアの外科手術
 犬の椎間板ヘルニアが人のように発症することは
御存知だと思います。

 犬の椎間板ヘルニアの発症年齢の多くは
4歳から8歳がほとんどです。
 犬種は、骨異栄養症犬種で多く、
当院でも発症の多くは、Mダックス、ビーグル、Fブルが
多くを占めています。

 もちろん、ペキニーズも同様です。
椎間板の変性は、6か月齢から2歳までの間に
発症するため、症状が出てくるのが4歳くらいからと言われています。

 この子は、1歳2か月で初めて椎間板ヘルニアを発症しました。
その時は、内科療法で治癒したのですが、
1歳10か月の時に再発し、以前よりも悪化して来院されました。

 『動かない』という主訴で病院に行かれたようです。
 その後、日に日に症状が進行し、当院に紹介で来られた際は、
すでに、後肢の麻痺が進行していました。

 飼主さまに、病態が進行しておることから、
CTでの精査をお勧めしました。
 CTの結果、胸椎の13番目と腰椎1番目に責任病変があり
椎間板も突出していました。
 その日のうちに、椎間板ヘルニアの除去を行う手術を行いました。

椎間板ヘルニア 分類 画像

 ペキニーズの椎間板ヘルニアのほとんどが、
上記の Hansen TypeⅠであることが多く、術後の回復も
良く、ほとんどが歩行可能になります。

 椎間板ヘルニアの手術は、1時間で終了しました。
術後は、2日後に退院していだき、自宅で安静に過ごしていただきます。

術後からゆっくりとではありますが、歩けるようになり
現在は歩けるようになりました。

 飼主さまの決断が、早く、経過を観察せずに
精密検査、手術となりました。

 当院では、手術を行わず、内科療法やレーザーなどで
治癒する子も多いため、手術の判断は、検査の後、
飼主さまと御相談させていただいております。

 脊髄疾患は、早期の検査と安静が一番重要です。
その後の、治療に関しては、検査により、異なります。

 詳しくは、担当獣医師を御相談ください。

copyright 2005-2007 新千歳動物病院のブログ all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.